EtherChannel の概要

ここでは、EtherChannel の特徴や利点、制限についてまとめていきます。

ポートチャネル(Port-Channel)とは

 複数の物理ポートを1つの論理チャネルにグループ化してまとめた仮想インターフェイスのことをポートチャネルと呼んでいます。この用語は、Cisco Catalyst スイッチを設定する際に用語として用いられています。

 下図に示すように、複数の物理インターフェイスが1つのポートチャネルインターフェイスとしてまとめられます。

 複数の物理インターフェイスを束ねて作成された仮想インターフェイスのことをポートチャネルと呼びます。

 ポートチャネルを生成した後に、設定を行う場合は、物理インターフェイスではなくポートチャネルに対して設定していくようになります。

 1つのポートチャネルとして、束ねる個々の物理インターフェイスは、すべて同じ設定にする必要があります。

L2のEtherChannel と L3のEtherChannel

 EtherChannelは、レイヤ2においても、レイヤ3においてもポートチャネルを作成することができます。

 活用するケースの多くは、レイヤ2におけるポートチャネルであるかと思われますが、レイヤ3においてもポートチャネルを作成するメリットがあるため、活用するケースも出てくるかと思われます。

 レイヤ3のポートチャネルにおいて、ルーティングプロトコルは、ポートチャネルを1つのリンクとして扱うため、ポートチャネルで障害が発生した場合、コンバージェンスの問題となるルーティングプロトコルの再計算による再収束が行われることがありません。

下表にL2のEtherChannel と L3のEtherChannelにおける相違点について、まとめます。

EtherChannelスイッチポート設定説明
L2switchport複数のL2物理ポートを論理インターフェイスとして束ねます。
L3no switchport複数のL3ルーテッドポートを論理インターフェイスとして束ねます。

EtherChannel のメリット

EtherChannel には、様々なメリットがあります。そのメリット