このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

トランクの設定(switchport mode trunk)

 下図のネットワークに対して、まず、基本設定を行ってから、S1-S2間のリンクにトランクの設定を行っていきます。

 「f0/8」のポートにトランクの設定を行って、VLAN10~VLAN30のフレームをスイッチ間で、伝送できるようにします。トランキングプロトコルには、IEEE802.1Qを使用します。

S1のVLANの割り当て

f0/1 ・・・ VLAN10(PC接続用)
f0/2 ・・・ VLAN20(PC接続用)
f0/3 ・・・ VLAN30(PC接続用)
f0/8 ・・・ トランクポート

S2のVLANの割り当て

f0/1 ・・・ VLAN10(PC接続用)
f0/2 ・・・ VLAN20(PC接続用)
f0/3 ・・・ VLAN30(PC接続用)
f0/8 ・・・ トランクポート

トランクポートの設定

 トランクポートで使用するトランキングプロトコルは、スイッチ間を接続する両側のインターフェイスで、カプセル化の指定をを合わせておく必要があります。また、「switchport mode trunk」コマンドで動作モードにトランクをしていします。

※Catalyst2960 および Catalyst 3560 シリーズのスイッチでは、DTPがサポートされているため、スイッチ間を接続する両側のインターフェイスで trunkモードにしなくても、トランクリンクを確立することができます。

●Catalyst2960スイッチの場合

 Catalyst2960スイッチでは、トランキングプロトコルに、IEEE802.1Qしか使用できいないため、ポートのモードをトランクにするだけでトランクの設定が完了します。

Switch(config-if)#switchport mode trunk

●Catalyst2900XLスイッチなどの古い機種の場合

 Catalyst2900XLスイッチのように古い機種では、トランキングプロトコルに、IEEE802.1Q、ISLが使用できるため、カプセル化の指定が必要です。

Switch(config-if)#switchport mode trunk
Switch(config-if)#switchport trunk encapsulation {dot1q | isl}

基本設定

ここでは、2台共に、Catalyst2960スイッチを使用します。

●S1の設定

S1(config)#vlan 10
S1(config-vlan)#name vlan10
S1(config-vlan)#vlan 20
S1(config-vlan)#name vlan20
S1(config-vlan)#vlan 30
S1(config-vlan)#name vlan30
S1(config-vlan)#exit
S1(config)#int f0/1
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 10
S1(config-if)#int f0/2
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 20
S1(config-if)#int f0/3
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 30

●S2の設定

S2(config)#vlan 10
S2(config-vlan)#name vlan10
S2(config-vlan)#vlan 20
S2(config-vlan)#name vlan20
S2(config-vlan)#vlan 30
S2(config-vlan)#name vlan30
S2(config-vlan)#exit
S2#(config)#int f0/1
S2#(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 10
S2(config-if)#int f0/2
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 20
S2(config-if)#int f0/3
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 30

ペースト用のコンフィグ

●S1

hostname S1
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30

●S2

hostname S2
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30

トランクポートの設定

●S1

S1(config)#int f0/8
S1(config-if)#switchport mode trunk

●S2

S2(config)#int f0/8
S2(config-if)#switchport mode trunk

動作確認

 設定が完了したら、VLAN10に所属する端末同士の通信、VLAN20に所属する端末同士の通信、VLAN30に所属する端末同士の通信ができることを確認します。同じVLANに所属する端末同士であれば通信可能です。

show interface {ポート番号} switchport

 「show interface {ポート番号} switchport」コマンドを使用すると、ポートのモード、トランクのカプセル化、プルーニングに関する情報など、VLAN設定に関する情報の確認が行えます。

S1でポートのモード、トランクの設定を確認します。

●「show interface {ポート番号} switchport」コマンドの出力

S1#show interfaces f0/8 switchport 
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
Administrative private-vlan host-association: none
Administrative private-vlan mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Trunking VLANs Enabled: All
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Capture Mode Disabled
Capture VLANs Allowed: ALL
Protected: false
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Appliance trust: none

show interfaces trunk

スイッチのトランクリンクを確認するには、「show interfaces trunk」コマンドを使用します。

●「show interfaces trunk」コマンドの出力

S1#show interfaces trunk 
Port        Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
Fa0/8       on           802.1q         trunking      1

Port        Vlans allowed on trunk
Fa0/8       1-1005

Port        Vlans allowed and active in management domain
Fa0/8       1,10,20,30

Port        Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
Fa0/8       1,10,20,30

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。