Packet Tracer の操作方法

 ここでは、ネットワークシミュレータであるCisco Packet Tracer(パケットトレーサー)の操作方法を解説していきます。

Cisco Packet Tracer(パケットトレーサー)の導入方法については下記のリンク先で解説しています。

 → Cisco Packet Tracer の導入

01 ネットワーク機器とPCの設置02 PCやサーバのIPアドレスの設定・疎通確認
03 UTPストレートケーブル接続04 UTPクロスケーブル接続
05 光ファイバー接続06 拡張モジュールの取り付け
07 Cisco 2621ルータの拡張モジュールの取り付け08 シリアル接続
09 コンソール接続10 IOSモードの切り替え
11 ヘルプ機能とコマンド補完機能12 コンフィグを転送して設定を復元する
13 サーバの機能の紹介(HTTP・HTTPS)14 サーバの機能の紹介(DNS)
15 サーバの機能の紹介(TFTP)16 サーバの機能の紹介(DHCP)
17 サーバの機能の紹介(FTP)18 サーバの機能の紹介(Email)
19 Multiuser Connection(localhost)20 Multiuser Connection(同一LAN内)
21 Simulation モード(MACアドレステーブル)その122 Simulation モード(MACアドレステーブル)その2
23 特定のウィンドウを常にTOPに固定する24 すべてのデバイスをまとめて再起動させる
25 Packet Tracer 内の時刻を進める