このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

サーバの機能の紹介(TFTP)

ここでは、TFTPサーバを Packet Tracer 内に構築する方法を解説していきます。

 Packet Tracer では、サーバを配置すると各種サーバ・サービスを提供できるようになります。サービスによっては、デフォルトでサービスが起動しています。

TFTPサービスは、デフォルトでOnになっています。

TFTPサーバの設定

ネットワーク構成図の赤丸で囲んでいるTFTPサーバを設定していきます。

①TFTPサーバのSERVICESタブから「TFTP」をクリックします。

②TFTPサービスは、デフォルトでOnになっているため、そのままOnが選択された状態にしておきます。

③TFTPサーバ上に格納されているファイルの一覧です。IOSが保存されています。

TFTPサーバは、サーバを配置するだけで、直ぐにTFTPサービスが利用できるようになっています。

動作確認

1.RAルータのCLIから、以下のコマンドを実行します。

RA#copy running-config tftp

以下のように対話形式で、入力を進めていきます。

RA#copy running-config tftp
Address or name of remote host []? 192.168.1.200 ←TFTPサーバのIPアドレスを指定
Destination filename [RA-confg]?  ←デフォルトのファイル名

Writing running-config....!!
[OK - 872 bytes]

872 bytes copied in 3.001 secs (290 bytes/sec)

2.TFTPサーバ上のファイルの一覧を確認します。

TFTPサーバ上に、先ほど、RAルータから、コピーした「RA-confg」ファイルがあることが確認できます。