このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

サーバの機能の紹介(DHCP)

ここでは、DHCPサーバを Packet Tracer 内に構築する方法を解説していきます。

 Packet Tracer では、サーバを配置することで各種サーバ・サービスを提供できるようになります。サービスによっては、デフォルトでサービスが起動しています。

DHCPサービスは、デフォルトでOffになっているため、Onにする必要があります。

DHCPサーバの設定

ネットワーク構成図の赤丸で囲んでいるDHCPサーバを設定していきます。

192.168.1.0/24 用のDHCPプールの設定

まず、192.168.1.0/24 用にIPの払出用のPoolを作成します。

注意:Pool Name は「serverPool」のまま、変更しません。

●DHCPサーバのSERVICESタブから「DHCP」をクリックして、以下の設定を行います。

Pool Name : serverPool ←変更しません。

Default Gateway : 192.168.1.1

DNS Server : 192.168.4.100

Start IP Address : 192.168.1.10

Subnet Mask : 255.255.255.0

Maximum Number of Users : 50

「Save」ボタンをクリックして、設定した「serverPool」を保存します。

値が、更新されます。

192.168.2.0/24 用のDHCPプールの設定

192.168.2.0/24 用にIPの払出用のPoolを作成します。

現在、表示されている内容を変更していきます。

Pool Name : serverPool1

Default Gateway : 192.168.2.1

DNS Server : 192.168.4.100

Start IP Address : 192.168.2.10

Subnet Mask : 255.255.255.0

Maximum Number of Users : 50

「Add」ボタンをクリックして、設定した「serverPool1」を保存します。

「serverPool1」が追加されました。

ServiceをOnにする。

●最後にServiceをOnにします。

Service : Off → On

動作確認

●PC1のIPアドレスを自動取得に変更します。

「Static」になっています。「DHCP」に変更します。

IPアドレスや、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバのIPアドレスが自動取得されていることが確認できます。

●PC2のIPアドレスを自動取得に変更します。

 PC2でも同様に、IPアドレスを自動取得するようにします。しかし、IPアドレスの取得に失敗して、APIPAを使ったと表示されます。

 ここでは、IPアドレスが、「169.254.68.194」となっていまが、実行環境で、このアドレスは変わってきます。IPアドレスを取得できない場合は、「169.254.x.y」というIPアドレスになります。

 これは、APIPA(Automatic Private IP Addressing)という、固定IPアドレスの設定がなく、DHCPサーバにも接続できない場合にOSが自動的にIPアドレスを割り当てる仕組みです。

 詳しく解説をすると、PC2は、ブロードキャストを送信して、DHCPサーバにIPアドレスを要求するのですが、RAルータは、ブロードキャストを遮断します。その結果、PC2は、IPアドレスが取得することができず、APIPAという仕組みを利用するのです。

DHCPリレーの設定

ここからは、発展学習となります。
CiscoルータにDHCPリレーを設定していきます。

●ip helper address

 「ip helper address」コマンドを使うと、ブロードキャストパケットを特定のサーバにユニキャストすることができます。

Route(config)#ip helper-address {転送先IPアドレス}

●RAの設定

 RAルータ上で、「ip helper address」コマンドを使ってPC2からのDHCPブロードキャストパケットをDHCPサーバへ転送するように設定します。インターフェイス設定モードで、次のコマンドを入力します。

RA(config)#int g0/1
RA(config-if)#ip helper-address 192.168.1.200

●再度、PC2でIPアドレスを自動取得する。

いったん、「Static」に戻し、再度、「DHCP」を選択します。

今度は、PC2でもIPアドレス情報を取得することができていることが確認できます。

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。