IOSモードの切り替え

このページで解説している内容は、以下のYoutube動画の解説で見ることができます。

 Ciscoルータ、スイッチを設定するには、コマンドによる設定が、中心になってきます。IOSには、4つの入力階層があり、コマンドは適切な、階層で入力しなければ、コマンドを受け付けないようになっています。

 他ベンダーでは、管理者モードで全てのコマンドが設定できるものが多いのですが、これだと今、何を設定しているのかを把握するのが難しいです。また、設定できるコマンドがうろ覚えの場合、ヘルプ機能といって、どのようなコマンドが設定できるのかを確認できる、この機能を活用していくことになるのですが、コマンドの候補が大量に表示されるため、コマンドを絞り込むことが困難です。

 CiscoのCLIでは、各階層で入力できるコマンドが決まっており、ヘルプ機能を使った際も、現在の階層で設定できるコマンドのみが表示されるため、どのコマンドを使えばよいのか、コマンドを絞り込むのが容易となります。

ユーザEXECモード

ルータを起動して、接続すると、まずユーザEXECモードに入ります。

プロンプトは、

Router>

と表示されます。

 このモードでは、主にルータのステータスを確認することができます。しかし、確認できる内容には、制限があり、ルータの全てのステータスを確認することはできません。また、このモードでは、トラブルシューティングで使用するコマンドも実行することができます。

特権EXECモード

 特権EXECモードでは、ルータのステータスを確認することができます。ユーザEXECモードと違って制限は、ありません。また、ファイルをコピーしたり、ネットワーク診断用のコマンドを実行することができます。主に使うコマンドは、以下のコマンドになると思います。このモードから下の階層が管理者がアクセスするモードになります。

  • show
  • copy
  • telnet
  • ping
  • traceroute

プロンプトは、

Router#

と表示されます。

グローバル設定モード

このモードでは、ルータ全体に関わる設定を行います。ホスト名、パスワードなどを主に設定します。

プロンプトは、

Router(config)#

と表示されます。

その他の設定モード

 特定のプロトコルやインタフェースの設定を行います。インタフェースの詳細設定を行う「インターフェース設定モード」や、ルーティングの詳細設定を行う「ルータ設定モード」、ラインの設定を行う「ライン設定モード」などがあります。

モードの遷移

上で紹介したモードへ遷移するには、下図に示されているコマンドを入力することで、モードを切り替えます。

各モードへのコマンド

●ユーザEXECモード → 特権EXECモード●特権EXECモード → ユーザEXECモード
Router>enable
Router#
Router#disable
Router>
●特権EXECモード → グローバル設定モード●グローバル設定モード → 特権EXECモード
Router#configure terminal
Router(config)#
Router(config)#exit
Router#
●グローバル設定モード → ルータ設定モード●ルータ設定モード → グローバル設定モード
Router(config)#router rip
Router(config-router)#
Router(config-router)#exit
Router(config)#

「Ctrl + Z」を押すことで、いつでも、特権モードに戻れます。

●ルータ設定モード → 特権EXECモード●グローバル設定モード → ユーザEXECモード
Router(config-router)#^Z
Router#
Router(config)#^Z
Router#

ログアウト

ルータから、ログアウトするには、「ユーザモード」「特権モード」で以下のコマンドを入力します。

  • exit
  • logout