このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

サーバの機能の紹介(FTP)

ここでは、FTPサーバを Packet Tracer 内に構築する方法を解説していきます。

 Packet Tracer では、サーバを配置することで各種サーバ・サービスを提供できるようになります。サービスによっては、デフォルトでサービスが起動しています。

FTPサービスは、デフォルトで、Onになっています。

FTPサーバの設定

ネットワーク構成図の赤丸で囲んでいるFTPサーバを設定していきます。

①「FTP」をクリックします。

②FTPサービスは、デフォルトでOnになっています。

③デフォルトで、Username「cisco」、パスワード「cisco」、権限「フルコントロール」のアカウントがあります。

下の表のようにアカウントを追加します。

ユーザ名パスワードアクセス許可
anonymousanonymousRead と List に 制限
adminciscoフルコントロール 権限

動作確認

PC1での操作

1.PC1をクリックし、「Desktop」タブ →「Text Editor」をクリックします。

2.テキストファイルを作成します。

適当に文字を入力します。
ここでは、下記のように入力しておきます。

ftp test

「File」メニューから、「Save」を選択して、ファイル名「README.txt」を指定して保存します。

「Text Editor」を閉じます。

3.「Desktop」タブの「Command Prompt」から、次の手順を実行します。

c:>ftp 192.168.2.200

FTPサーバからユーザ名とパスワードの入力を求められます。

adminアカウントで接続します。

プロンプトの表示が ftp> に変わります。

4.「dir」と入力してディレクトリの内容を表示します。

ftp>dir

FTPサーバのディレクトリが表示されます。

5.README.txt ファイルを転送します。

ftp>put README.txt

6.「dir」と入力してファイルが転送されているか確認します。

ftp>dir

「README.txt」ファイルがディレクトリに表示されます。

7.「quit」と入力して FTP クライアントを閉じます。

プロンプトが 「C:>」に戻ります。

PC2での操作

1.「Desktop」タブの「Command Prompt」から、次の手順を実行します。

c:>ftp 192.168.2.200

FTPサーバからユーザ名とパスワードの入力を求められます。

anonymousアカウントで接続します。

プロンプトの表示が ftp> に変わります。

README.txt ファイルをダウンロードします。以下のコマンドを実行します。

ftp>get README.txt

2.「Text Editor」を起動して、「File」→「Open」を選択して、PC2に保存されているファイルを確認します。

「SampleFile.txt」があることが確認できます。

3.「Command Prompt」から、次の手順を実行します。

ftp>put sampleFile.txt

anonymous アカウントが FTPサーバにファイルを書き込む権限を持っていないことが確認できます。

4.「quit」と入力して FTP クライアントを閉じます。

プロンプトが 「C:>」に戻ります。

FTPサーバでの操作

1.FTPサーバで、FTPサービスを確認します。

「README.txt」ファイルがあることが確認できます。

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。