光ファイバー接続

このページで解説している内容は、以下のYoutube動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成(その1)

ここでは、光ファイバ接続について解説していきます。まず、下図のようにネットワークを構築します。

  • ①Switchesアイコンを選択します。
  • ②PT-Emptyのスイッチを選択して、ロジカル・ワークスペースに配置します。
  • ③PT-Emptyスイッチをクリックします。

拡張モジュールの取り付け

拡張モジュールを取り付けていきます。

光ファイベーケーブルを接続できるように100Mbpsで通信可能なモジュールを取り付けていきます。

  • ①まず、スイッチの電源を切ります。
  • ②「PT-SWITCH-NM-1FFE」を選択します。
  • ③選択したモジュールをドロップして取り付けます。

①の位置の電源スイッチをクリックして、電源をONにします。

同様にもう一台、スイッチを追加して、下図のようにします。

①Connectionsアイコンをクリックします。

②Fiberを選択します。

③Switch0のFastEthernet0/1とSwitch0のFastEthernet0/1を接続します。

100Mbpsの光ファイバ接続は、このように行っていきます。

ネットワーク構成(その2)

次に、1Gbpsの光ファイバ接続を行っていきます。

PT-Emptyスイッチを2台、追加して下図の赤枠のようにします。

PT-Empty2スイッチをクリックします。

  • ①まず、スイッチの電源を切ります。
  • ②「PT-SWITCH-NM-1FGE」を選択します。
  • ③選択したモジュールをドロップして取り付けます。

①の位置の電源スイッチをクリックして、電源をONにします。

同様にSwitch3にも拡張モジュールを取り付けます。

  • ①Connectionsアイコンをクリックします。
  • ②Fiberを選択します。
  • ③Switch0のGigabitEthernet0/1とSwitch0のGigabitEthernet0/1を接続します。

1Gbpsの光ファイバ接続は、このように行っていきます。

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成をPacket Tracerで一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。