S_Aの f0/4 のインターフェイスに「PortFast と BPDUガード」を設定します。PC2、PC3、PC4を接続するインターフェイスの設定は省略します。

PortFast と BPDUガードを設定する

 PortFast機能を有効にするポートには、レイヤ2ループを防ぐ目的から、BPDUガード機能も設定します。

S_A(config)#int f0/4
S_A(config-if)#spanning-tree portfast
S_A(config-if)#spanning-tree bpduguard enable

PortFastを有効にすると、下のように警告が表示されます。


%Warning: portfast should only be enabled on ports connected to a single 
host. Connecting hubs, concentrators, switches, bridges, etc... to this
interface  when portfast is enabled, can cause temporary bridging loops.
Use with CAUTION

%Portfast has been configured on FastEthernet0/4 but will only
have effect when the interface is in a non-trunking mode.

設定内容の検証

まず、PC1を接続するケーブルを外します。

そして、再度、S_Aのf0/4に接続します。リンクライトは、直ぐに、オレンジ色から緑色に変わります。

それは、Rapid PVST+の状態遷移で、リスニングとラーニングの状態が省略されるからです。

ブロッキング
 ↓
リスニング :省略
 ↓(15秒)
ラーニング :省略
 ↓(15秒)
フォワーディング

●show spanning-tree の出力

 すべてのポートで PortFast と BPDUガードが有効となていないため、下の黄色のマーカーのようにDefaultが「disable」になっています。

S_A#show spanning-tree summary 
Switch is in rapid-pvst mode
Root bridge for: default sales marketing
Extended system ID           is enabled
Portfast Default             is disabled
PortFast BPDU Guard Default  is disabled
Portfast BPDU Filter Default is disabled
Loopguard Default            is disabled
EtherChannel misconfig guard is disabled
UplinkFast                   is disabled
BackboneFast                 is disabled
Configured Pathcost method used is short

Name                   Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
VLAN0001                     2         0        0          3          5
VLAN0010                     1         0        0          4          5
VLAN0020                     1         0        0          4          5

---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
3 vlans                      4         0        0         11         15

これで、「PortFast と BPDUガード」の検証を終わります。

関連コンテンツ

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

YouTube解説