このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

複数スイッチにまたがるVLANの作成

複数のスイッチにまたがるVLANを作成する場合は、どうすればいいのでしょうか?

例えば、VLAN10、VLAN20、VLAN30を2台のスイッチで作成する場合は、以下の図のように構成します。

後ほど紹介する、トランクを使用しなければ、VLANの数だけスイッチ間のケーブル接続が必要になります。

各スイッチにおけるVLANの役割は、以下のようになります。

<Switch_AのVLANの割り当て>

f0/1 ・・・ VLAN10(PC接続用)
f0/2 ・・・ VLAN20(PC接続用)
f0/3 ・・・ VLAN30(PC接続用)
f0/8  ・・・ VLAN10(スイッチ間接続用)
f0/9  ・・・ VLAN20(スイッチ間接続用)
f0/10 ・・・ VLAN30(スイッチ間接続用)

<Switch_BのVLANの割り当て>

f0/1 ・・・ VLAN10(PC接続用)
f0/2 ・・・ VLAN20(PC接続用)
f0/3 ・・・ VLAN30(PC接続用)
f0/8  ・・・ VLAN10(スイッチ間接続用)
f0/9  ・・・ VLAN20(スイッチ間接続用)
f0/10 ・・・ VLAN30(スイッチ間接続用)

「Switch_A ⇔ Switch_B」間の配線は次のように接続します。

S1   S2
VLAN10のインタフェース f0/8 VLAN10のインタフェース f0/8
VLAN20のインタフェース f0/9 VLAN20のインタフェース f0/9
VLAN30のインタフェース f0/10 VLAN30のインタフェース f0/10

●Switch_Aの設定
S1(config)#vlan 10
S1(config-vlan)#name vlan10
S1(config-vlan)#vlan 20
S1(config-vlan)#name vlan20
S1(config-vlan)#vlan 30
S1(config-vlan)#name vlan30
S1(config-vlan)#exit
S1(config)#int f0/1
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 10
S1(config-if)#int f0/2
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 20
S1(config-if)#int f0/3
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 30
S1(config-if)#int f0/8
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 10
S1(config-if)#int f0/9
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 20
S1(config-if)#int f0/10
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 30
S1(config-if)#end

●Switch_Bの設定
S2(config)#vlan 10
S2(config-vlan)#name vlan10
S2(config-vlan)#vlan 20
S2(config-vlan)#name vlan20
S2(config-vlan)#vlan 30
S2(config-vlan)#name vlan30
S2(config-vlan)#exit
S2(config)#int f0/1
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 10
S2(config-if)#int f0/2
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 20
S2(config-if)#int f0/3
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 30
S2(config-if)#int f0/8
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 10
S2(config-if)#int f0/9
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 20
S2(config-if)#int f0/10
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 30
S2(config-if)#end

 設定が完了したら、VLAN10に所属するPC同士の通信、VLAN20に所属するPC同士の通信、VLAN30に所属するPC同士の通信ができることを確認します。同じVLANに所属する端末同士であれば通信可能です。

このネットワーク構成では、VLANの数だけスイッチ間のケーブル接続が必要になります。

また、ポート数で考えると、

VLANの数 × 2

のポートを失ってしまうことになります。

 このように、複数のスイッチにまたがってVLANを設定するとケーブリングも煩雑になってしまいますし、スイッチ間の接続でたくさんのポートを失ってしまうことになります。

この問題を解決するには、トランクという技術を使用します。

 トランクを使用すると1本のケーブルで複数のVLAN間を流れるトラフィックを伝送することができます。

ペースト用のコンフィグ

●S1

hostname S1
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30
int f0/8
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/9
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/10
switchport mode access
switchport access vlan 30
end

●S2

hostname S2
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30
int f0/8
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/9
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/10
switchport mode access
switchport access vlan 30
end

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。