ARP要求・ARP応答(その1)

ここでは、ARP要求・ARP応答の動作について解説していきます。

下図を見て下さい。コンピュータAからコンピュータEへ通信する場合の動作について解説します。

コンピュータA、コンピュータEのIPアドレスは次のようになっています。

  • コンピュータAのIPアドレス・・・192.168.1.1/24
  • コンピュータEのIPアドレス・・・192.168.1.5/24

コンピュータAは、コンピュータEと同じネットワークに所属するかどうかを調べます。

 コンピュータAが所属するネットワークは、自分のIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

    192.168.  1.  1 ←コンピュータAのIPアドレス
AND 255.255.255.  0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
--------------------
    192.168.  1.  0

 コンピュータEが所属するネットワークは、コンピュータEのIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

    192.168.  1.  5 ←コンピュータEのIPアドレス
AND 255.255.255.  0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
--------------------
    192.168.  1.  0

すると、コンピュータA、コンピュータEが共に「192.168.1.0」に所属することが分かります。

次にコンピュータAは、自分のARPテーブルを調べます。

ARPテーブルとは、宛先IPアドレスとMACアドレスとの対応表です。

各コンピュータは、下のようなARPテーブルを持っています。

※この例は、コンピュータAが構築するARPテーブル

IPアドレスMACアドレス
192.168.1.200:17:42:5B:33:02
192.168.1.300:17:42:5B:33:03
192.168.1.400:17:42:5B:33:04
192.168.1.500:17:42:5B:33:05

上のようなARPテーブルは、宛先の端末と通信する度に