このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

スパニングツリー設定②(プライオリティの変更)

 ここでは、「スパニングツリー設定①(ルートブリッジの選択)」で構築したネットワークをそのまま使います。スイッチのプライオリティを変更して、意図的にルートブリッジを決めます。

 Catalystスイッチでは、デフォルトでPVST+が有効になっています。Catalyst2960スイッチでは、PVST+を無効にすることができないため、PVST+を用いたスイッチドネットワークを構築していきます。

PVST+におけるBIDは、以下のようになります。

BID = プライオリティ + VLAN ID + MACアドレス

です。

 デフォルトのプライオリティは、「32768」ですから、スイッチに特にプライオリティの設定を行わなければ、MACアドレスが、最も小さいスイッチがルートブリッジに選出されることになります。

 「スパニングツリー設定①(ルートブリッジの選択)」で検証したように、下図のようなネットワークを構成した場合、ルートブリッジは、Switch_Aになります。

Switch_A ・・・ 0006.2afb.9f80
Switch_B ・・・ 0008.214f.7580

 スイッチの処理能力は、機種によってさまざまです。処理能力の低いスイッチが、ルートブリッジになったらどうでしょうか?できれば、なるべく処理能力の高いスイッチをルートブリッジにしたいわけです。

 そこで、プライオリティの設定を行えば、管理者の意思でルートブリッジの選出をコントロールできるようになります。

それでは、ネットワークの構成は、変更しないで、Switch_Bのプライオリティを変更してみます。

Switch_Aのプライオリティ ・・・ 32768(変更なし)
Switch_Bのプライオリティ ・・・ 4096

プライオリティを変更する

 プライオリティを変更するには、グローバル設定モードで、「spanning-tree vlan {VLAN番号} priority {プライオリティ値}」コマンドを使用します。

プライオリティ値には、4096の倍数を指定します。

Switch(config)#spanning-tree vlan {VLAN番号} priority {プライオリティ値}

プライオリティ値: 0~65535の範囲で設定します。

Switch_Bのプライオリティを変更します。

Switch_B(config)#spanning-tree vlan 1 priority 4096

Switch_Bのプライオリティを変更してしばらく待つと、Switch_Bがルートブリッジになります。

 スイッチのポートを確認してみるとSwitch_Bの「f0/2」のリンクがオレンジ色になっています。実機の場合では、下図のようにLEDがオレンジ色となります。このポートがブロッキングポートとなります。

 ルートブリッジの全てのポートは、指定ポートになりますから、Switch_Bの「f0/1」、「f0/2」は、指定ポートになります。

 ルートポートは、ルートブリッジ以外のスイッチで、スイッチごとに1つ決まります。Switch_A 上の Switch_A-Switch_B 間の2つのリンクは、ルートブリッジまでのパスコストが同じです。

以下のルールに基づいて、ルートポートが決定されます。

  • ①送信元のBIDが小さい方のブリッジのポートが選ばれる。
  • ②送信側のポートの優先度が小さいポートが選ばれる。
  • ③ポートIDが小さいポートが選ばれる。

つまり、ポートIDの小さい「f0/1」がルートポートになります。

「show spanning-tree brief」コマンドを使って、ルートブリッジ、ポートのステータスを確認してみます。

Switch#show spanning-tree brief

●Switch_Aの出力

Switch_A#show spanning-tree 
VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol ieee
  Root ID    Priority    4097
             Address     0001.64B7.6661
             Cost        19
             Port        1(FastEthernet0/1)
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     0001.42ED.8DB5
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time  20

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/1            Root FWD 19        128.1    P2p
Fa0/2            Altn BLK 19        128.2    P2p

●Switch_Bの出力

Switch_B#show spanning-tree 
VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol ieee
  Root ID    Priority    4097
             Address     0001.64B7.6661
             This bridge is the root
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    4097  (priority 4096 sys-id-ext 1)
             Address     0001.64B7.6661
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time  20

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/1            Desg FWD 19        128.1    P2p
Fa0/2            Desg FWD 19        128.2    P2p

 プライオリティの設定を行えば、管理者の意思でルートブリッジの選出をコントロールできるようになることが確認できたと思います。

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。