EtherChannel(ダイナミック:PAgP)その2

 「EtherChannel(ダイナミック:PAgP)その1」の続きです。引き続き設定した PAgP によるEtherChannelを設定を検証していきます。

show interfaces port-channel {番号}

 ポートチャネルインターフェイスも、物理インターフェイスと同様に「show interfaces」コマンドで状態を確認できます。

●S1での「show interfaces port-channel 1」の出力

S1#show interfaces port-channel 1
Port-channel1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is EtherChannel, address is 00e0.b065.d14d (bia 00e0.b065.d14d)
  MTU 1500 bytes, BW 300000 Kbit, DLY 1000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Half-duplex, 300Mb/s
  input flow-control is off, output flow-control is off
  Members in this channel: Fa0/9 ,Fa0/10 ,
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:00:08, output 00:00:05, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue :0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     956 packets input, 193351 bytes, 0 no buffer
     Received 956 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     2357 packets output, 263570 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 10 interface resets
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

show spanning-tree

スパニングツリーの状態も確認してみます。EtherChannelでは、物理的にループ構造になっています。

 EtherChannelを構成していない場合であれば、いづれかのポートが、STPにより、ループを防ぐためにブロッキングポートになりますが、EtherChannelを構成している場合は、どのようになっているのかを確認してみます。

●S1での「show spanning-tree」の出力

S1#show spanning-tree
VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol ieee
  Root ID    Priority    32769
             Address     00E0.F755.AAB0
             This bridge is the root
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     00E0.F755.AAB0
             Hello Time  2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time  20

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Po1              Desg FWD 9         128.27   Shr
Fa0/1            Desg FWD 19        128.1    P2p

 「Interface」項目のところに「Po1」が表示されています。チャネルグループに所属する複数のインターフェイスが、1つの物理インターフェイスと同じように扱われていることが分かります。

 EtherChannel を利用すると「Fa/9」「Fa/10」が理論的な1つのポートとして認識されていることが確認できます。

show etherchannel load-balance

 EtherChannel が送信元MACアドレス、宛先MACアドレスのどちらで動作しているかを確認するには、「show etherchannel load-balance」コマンドを使用します。

●S1での「show etherchannel load-balance」の出力

S1#show etherchannel load-balance
EtherChannel Load-Balancing Operational State (src-mac):
Non-IP: Source MAC address
  IPv4: Source MAC address
  IPv6: Source MAC address

 「Source MAC address」と表示されます。送信元MACアドレスを元に動作していることが確認できます。

冗長化の検証

EtherChannel が冗長化を実現しているかを確認していきます。

 まず、S1-S2 間を f0/9 同士で繋げているケーブルを抜きます。(Packet Tracer では、ケーブルを削除します。)

ケーブルを抜くとFa0/9がDownしたというメッセージが下のように表示されます。

%LINK-3-UPDOWN: Interface FastEthernet0/9, changed state to down

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0/9, changed state to down

PC1からPC2へPingを行います。

Pingは、成功します。

 今度は、S1-S2 間を f0/9 同士でケーブルを繋ぎ、S1-S2 間をf0/10 を繋げているケーブルを抜きます。(Packet Tracer では、ケーブルを削除します。)

メッセージが下のように表示されます。

%LINK-5-CHANGED: Interface FastEthernet0/9, changed state to up

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0/9, changed state to up

%LINK-3-UPDOWN: Interface FastEthernet0/10, changed state to down

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0/10, changed state to down

PC1からPC2へPingを行います。

Pingは、成功します。

EtherChannel を利用すれば、ネットワークを冗長化できるということが確認できました。

関連コンテンツ

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

YouTube解説