EtherChannel・設定のガイドライン

EtherChannel を設定する際の制約事項について、下表にまとめます。

物理ポート  EtherChannel として束ねる物理ポートは、連続するポートである必要はありません。EtherChannelをサポートしているポートであれば、まとめることができます。
速度とデュプレックス  EtherChannel として、束ねるすべての物理ポートは、速度とデュプレックスを合わせておく必要があります。
VLAN  EtherChannel として、束ねるすべての仏意ポートは、同じVLANを割り当てるか、トランクとして設定する必要があります。
VLANの範囲  トランクで許可するVLANの範囲を合わせておく必要があります。VLANの範囲が異なる場合、EtherChannelを形成することはできません。

下図に、EtherChannel を形成する設定例を示します。両側のポートの設定が同じです。

下図に、EtherChannel を形成しない設定例を示します。両側のポート速度が異なります。

ポートチャネルの設定

 ポートチャネルの設定を変更するには、ポートチャネルインターフェイスコンフィギュレーションモードで行います。ポートチャネルで変更した内容は、個々のインターフェイスに適用されます。

個々のインターフェイスは、個別に設定することができます。個別に設定した内容は、ポートチャネルには反映されません。EtherChannelを構成するインターフェイスを個別に設定した際に、問題が発生する可能性がでてきます。

関連コンテンツ