リンクアグリゲーションとは

 リンクを冗長化する方法にSTP(Spanining Tree Protocol)があります。STPでは、スイッチングループを防ぐために、ブロッキングポートを配置することで、冗長リンクをブロックします。

ループを防ぐことは、良いのですが、データ転送においては、効率が良いとはいえません。

 ブロッキングポートを含むリンクでは、データ転送を行わないため、せっかく、物理的に故障しておらず、利用することができるにもかかわらず、だだ、ただ、待機しているのは、もったいないです。

 そこで、STPによってブロックされないリンク集約技術を利用することができます。この集約技術のことをリンクアグリゲーション(Link Aggregation)といいます。

 複数の物理リンクを束ねて、1つの論理リンクにグループ化して扱うことで、スイッチ、ルータなどのネットワーク機器、サーバ間に以下の機能を提供します。

  • 冗長性
  • フォールトトレランス
  • 帯域幅の増加
  • ロードシェアリング

EtherChannel

 Cisco以外の他ベンダーでは、リンクアグリゲーションと呼んでいる技術を、Ciscoでは EtherChannel と呼んでいます。

 また、FastEthernetのリンクで束ねたものを、Fast Ether Channel(FEC)、Gigabit Ethernetのリンクを束ねたものを、Gigabit Ether Channel(GEC)、10Gigabit Ethernetのリンクを束ねたものを、10Gigabit Ether Channel(10GEC)と呼んでいます。

 下図のようにEtherChannelを使用してリンクを束ねることで、100Mbpsの物理リンクを4本束ねることで、100Mbps、1Gbpsの物理リンクを2本束