このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

スパニングツリー設定③(コスト・帯域幅の変更)

 ここでは、「スパニングツリー設定①(ルートブリッジの選択)」で構築したネットワークをそのまま使います。スイッチのコストを変更して意図的にブロックするポートを決定します。

 ブロッキングポートを決定する際に、ルートポート、指定ポートが決定されるわけですが、その際、パスコストが計算されます。新コストを使うスイッチ、旧コストを使うスイッチが混在する場合、正しくスパニングツリーを機能させるには、ポートコストのカスタマイズが必要です。

<ポートパスコスト値>

帯域幅新コスト旧コスト
10Mbps100100
100Mbps1910
1Gbps41
10Gbps21

 「スパニングツリー設定①(ルートブリッジの選択)」で検証したように、下のようにネットワークを構成した場合、ルートブリッジは、ルートポート、指定ポートは、以下の図のようになります。

Switch_A ・・・ 0006.2afb.9f80
Switch_B ・・・ 0008.214f.7580

コストを変更する

 ポートのコストを変更するには、インターフェイスコンフィギュレーションモードで、「spanning-tree cost {コスト値}」コマンドを使用します。

Switch(config-if)#spanning-tree {vlan VLAN-ID} cost {コスト値}

コスト値: 1~200,000,000の範囲で指定します。

Switch_Bの「f0/1」のコストを変更します。

Switch_B(config-if)#spanning-tree vlan 1 cost 50

 しばらく待つと、Switch_Bの「f0/1」がブロッキングポートに変わり、ルートブリッジ、ルートポート、指定ポートは、下図のように変わります。

 スイッチのポートを確認してみるとSwitch_Bの「f0/1」のリンクがオレンジ色になっていることが確認できます。このポートがブロッキングポートになっています。実機の場合では、下図のようにLEDがオレンジ色となります。

Switch_B で以下のコマンドを実行します。

Switch_B#show show spanning-tree detail

●「show show spanning-tree detail」コマンドの出力

Switch_B#show spanning-tree detail 

VLAN0001 is executing the ieee compatible Spanning Tree Protocol
  Bridge Identifier has priority of 32768, sysid 1, 0001.64B7.6661
  Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
  Current root has priority 32769
  Root port is 2 (FastEthernet0/2), cost of root path is 19
  Topology change flag not set, detected flag not set
  Number of topology changes 0 last change occurred 00:00:00 ago
	        from FastEthernet0/1
  Times:  hold 1, topology change 35, notification 2
  		hello 2, max age 20, forward delay 15
  Timers: hello 0, topology change 0, notification 0, aging 300

Port 1 (FastEthernet0/1) of VLAN0001 is alternate blocking
  Port path cost 50, Port priority 128, Port Identifier 128.1
  Designated root has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Designated bridge has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Timers: message age 16, forward delay 0, hold 0
  Number of transitions to forwarding state: 1
  Link type is point-to-point by default

Port 2 (FastEthernet0/2) of VLAN0001 is root forwarding
  Port path cost 19, Port priority 128, Port Identifier 128.2
  Designated root has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Designated bridge has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Timers: message age 16, forward delay 0, hold 0
  Number of transitions to forwarding state: 1
  Link type is point-to-point by default

コストが変更されていることが確認できます。

ポートの帯域幅の変更

ネットワークの構成を再度、下図のネットワークの構成に戻します。

Switch_B のコストを元の「19」に戻すため、以下のコマンドを実行します。

Switch_B#int f0/1
Switch_B(config-if)#no spanning-tree vlan 1 cost 50

今度は、Switch_Bの「f0/1」ポートの帯域幅を10Mbpsに変更してみます。

ポートの帯域幅を変更するには、「speed {帯域幅}」コマンドを使用します。

Switch(config-if)#speed {10|100|auto}

Switch_Bの帯域幅を10Mbpsに変更します。

Switch_B(config-if)#speed 10

 しばらく待ってから、スイッチのポートを確認してみるとSwitch_Bの「f0/1」のリンクがオレンジ色になっていることが確認できます。このポートがブロッキングポートになっています。

 Switch_Bの「f0/1」がブロッキングポートに変わり、ルートブリッジ、ルートポート、指定ポートは、下図のように変わります。

Switch_B で以下のコマンドを実行します。

Switch_B#show show spanning-tree detail

●「show show spanning-tree detail」コマンドの出力

Switch_B#show spanning-tree detail 

VLAN0001 is executing the ieee compatible Spanning Tree Protocol
  Bridge Identifier has priority of 32768, sysid 1, 0001.64B7.6661
  Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
  Current root has priority 32769
  Root port is 2 (FastEthernet0/2), cost of root path is 19
  Topology change flag set, detected flag not set
  Number of topology changes 0 last change occurred 00:00:00 ago
	        from FastEthernet0/1
  Times:  hold 1, topology change 35, notification 2
  		hello 2, max age 20, forward delay 15
  Timers: hello 0, topology change 0, notification 0, aging 300

Port 1 (FastEthernet0/1) of VLAN0001 is alternate blocking
  Port path cost 100, Port priority 128, Port Identifier 128.1
  Designated root has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Designated bridge has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Timers: message age 16, forward delay 0, hold 0
  Number of transitions to forwarding state: 1
  Link type is point-to-point by default

Port 2 (FastEthernet0/2) of VLAN0001 is root listening
  Port path cost 19, Port priority 128, Port Identifier 128.2
  Designated root has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Designated bridge has priority 32769, address 0001.42ED.8DB5
  Timers: message age 16, forward delay 0, hold 0
  Number of transitions to forwarding state: 1
  Link type is point-to-point by default

コストが、10Mbpsの「100」に変更されていることが確認できます。

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。