このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

直接接続したネットワークの構成例

 ここでは、下図のようなルータに直接接続するネットワークのみで構成されるネットワークを構築していきます。

PC1~PC9、S1、S2のスイッチは既に設定は完了しています。

 R1ルータには、「192.168.1.0/24」「192.168.2.0/24」「192.168.3.0/24」の3つのネットワークが直接接続されています。

 1台のルータに直接接続されるネットワークのみで構成されるネットワークでは、ルーティングの設定が必要ありません。

 ルータのインターフェイスにIPアドレスを割り当てて、インターフェイスを「no shutdown」させるだけで、「directly connected(直接接続)」のルートが自動的に作成されます。

それでは、R1の設定を行っていきます。

R1の設定

以下のコマンドを実行します。

Router(config)#hostname R1
R1(config)#int vlan 1
R1(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#int g0/0
R1(config-if)#ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#int g0/1
R1(config-if)#ip address 192.168.3.1 255.255.255.0
R1(config-if)#no shutdown

たった、これだけで設定は完了です。

・ルーティングテーブルを確認します。

R1#show ip route
Codes: L - local, C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
       i - IS-IS, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2, ia - IS-IS inter area
       * - candidate default, U - per-user static route, o - ODR
       P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

     192.168.1.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       192.168.1.0/24 is directly connected, Vlan1
L       192.168.1.1/32 is directly connected, Vlan1
     192.168.2.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       192.168.2.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/0
L       192.168.2.1/32 is directly connected, GigabitEthernet0/0
     192.168.3.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       192.168.3.0/24 is directly connected, GigabitEthernet0/1
L       192.168.3.1/32 is directly connected, GigabitEthernet0/1

上の黄色のマークされているルートが、直接接続(connected)しているネットワークのルートです。

R1ルータは、すべての経路を学習しているため、PC1から、すべてのPCに対して、pingは成功します。

試しに、PC1からPC2、PC6へpingを行います。

pingは成功します。