このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

DTPの検証

 ここでは、スイッチ間におけるDTP(ダイナミックトランキングプロトコル)のネゴシエーションを検証していきます。また、スイッチス プーフィング攻撃を防ぐにために、トランクを設定するポートで、DTP を無効にして、手動でトランクを有効にしていきます。

DTPによるネゴシエーションの組み合わせは、以下の通りです。

DTPネゴシエーションの結果

  Dynamic Auto Dynamic Desirable Trunk Access
Dynamic Auto アクセス トランク トランク アクセス
Dynamic Desirable トランク トランク トランク アクセス
Trunk トランク トランク トランク 限定された接続
Access アクセス アクセス 限定された接続 アクセス

基本設定

まず、基本設定を行います。使用するスイッチは、2台共に Catalyst2960スイッチを使用します。

●S1の設定

S1(config)#vlan 10
S1(config-vlan)#name vlan10
S1(config-vlan)#vlan 20
S1(config-vlan)#name vlan20
S1(config-vlan)#vlan 30
S1(config-vlan)#name vlan30
S1(config-vlan)#exit
S1(config)#int f0/1
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 10
S1(config-if)#int f0/2
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 20
S1(config-if)#int f0/3
S1(config-if)#switchport mode access
S1(config-if)#switchport access vlan 30

●S2の設定

S2(config)#vlan 10
S2(config-vlan)#name vlan10
S2(config-vlan)#vlan 20
S2(config-vlan)#name vlan20
S2(config-vlan)#vlan 30
S2(config-vlan)#name vlan30
S2(config-vlan)#exit
S2#(config)#int f0/1
S2#(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 10
S2(config-if)#int f0/2
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 20
S2(config-if)#int f0/3
S2(config-if)#switchport mode access
S2(config-if)#switchport access vlan 30

ペースト用のコンフィグ

●S1

hostname S1
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30

●S2

hostname S2
vlan 10
name vlan10
vlan 20
name vlan20
vlan 30
name vlan30
exit
int f0/1
switchport mode access
switchport access vlan 10
int f0/2
switchport mode access
switchport access vlan 20
int f0/3
switchport mode access
switchport access vlan 30

S1:Dynamic Auto S2:Dynamic Auto の検証

デフォルトのスイッチポートのモードは、Dynamic Auto モードになっています。

特にスイッチの追加の設定の必要はありません。

各スイッチで、「show interfaces f0/8 switchport」コマンドを実行します。

●S1の「show interfaces f0/8 switchport」の出力

S1#show interfaces f0/8 switchport 
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic auto
Operational Mode: static access
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: native
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

●S2の「show interfaces f0/8 switchport」の出力

S2#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic auto
Operational Mode: static access
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: native
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

f0/8 がアクセスモードになっていることが確認できます。

S1:Dynamic Auto S2:Dynamic Desirable の検証

S2で以下の設定を行います。

S2(config)#int f0/8
S2(config-if)#switchport mode dynamic desirable

各スイッチで、「show interfaces f0/8 switchport」コマンドを実行します。

●S1の「show interfaces f0/8 switchport」の出力

S1#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic auto
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

●S2の「show interfaces f0/8 switchport」の出力

S2#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic desirable
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

f0/8 がトランクモードになっていることが確認できます。

S1:Dynamic Desirable S2:Dynamic Desirable の検証

S1で以下の設定を行います。

S1(config)#int f0/8
S1(config-if)#switchport mode dynamic desirabale

各スイッチで、「show interfaces f0/8 switchport」コマンドを実行します。

●S1の「show interfaces f0/0 switchport」の出力

S1#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic desirable
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

●S2の「show interfaces f0/0 switchport」の出力

S2#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: dynamic desirable
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

f0/8 がアクセスモードになっていることが確認できます。

S1:trunk S2:trunk の検証

S1スイッチ、S2スイッチで以下の設定を行います。

S1(config)#int f0/8
S1(config-if)#switchport mode trunk

S1(config)#int f0/8
S1(config-if)#switchport mode trunk

各スイッチで、「show interfaces f0/8 switchport」コマンドを実行します。

●S1の「show interfaces f0/0 switchport」の出力

S1#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

●S2の「show interfaces f0/0 switchport」の出力

S2#show interfaces f0/8 switchport
Name: Fa0/8
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Voice VLAN: none
(略)

f0/8 がアクセスモードになっていることが確認できます。

スイッチ スプーフィング攻撃への対策

 スイッチのポートは、デフォルトの設定で、Dynamic Autoモード、あるいは、Dynamic Desirableになっています。DTPが有効になっている場合、スイッチ スプーフィング攻撃を受けるリスクがあります。

 ネットワーク攻撃者は、スイッチポートのデフォルト設定では、DTPでリンクをトランクにするかどうかをネゴシエーションするということを利用して攻撃の糸口にします。

 trunk モードとなっているポートではすべての VLAN にアクセスできます。攻撃者は 802.1Q および DTP メッセージをエミュレートして、リンクをトランクにすることで、すべての VLAN へのアクセスを取得できます。

 トランクリンクが必要な場合の一般的なベストプラクティスは、インターフェイスを手動で、trunkモードにして、DTPを nonegotiate と指定して無効に設定することです。

以下のコマンドを追加します。

S1(config)#int f0/8
S1(config)#switchport nonegotiate

S2(config)#int f0/8
S2(config)#switchport nonegotiate

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。