duplex コマンド

 Catalystスイッチでポートの動作モードを自動、全二重、半二重に切り替えるには、グローバルコンフィギュレーションモードで、「duplex」コマンドを使用します。

Switch(config)#duplex <auto | full | hal>}

●オプション指定

モード状態
auto自動
full全二重
half半二重

例えば、f0/1の動作を半二重に切り替えるには、次の設定を行います。

Switch(config)#int f0/1
Switch(config-if)#duplex half

spped コマンド

 Catalystスイッチでポートの動作速度を変更するには、インターフェース設定モードで、「speed」コマンドを使用します。

 Catalystスイッチのポートは、10/100/1000Mbpsで動作します。スパニングツリーを学習する際、ポートの動作スピードを変更すると便利です。ポートの動作速度を変更するとコストが変わります。

Switch(config-if)#speed <10 | 100 | 1000 |auto>

●オプション指定

状態
1010Mbps
100100Mbps
10001000Mbps
auto自動

例えば、f0/1の動作スピードを10Mbpsにしたい場合には、次の設定を行います。

Switch(config)#int f0/1
Switch(config-if)#speed 10

動画解説

このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。