このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

パスワードの設定(line vty 0 15)

CatalystスイッチにIPアドレスを割り当てて、Telnetで操作していきます。

 CatalystスイッチでVLAN1にIPアドレスを割り当てるには、インタフェースコンフィグレーションモードで、「ip address」コマンドを使用します。

Switch(config)#interface vlan 1
Switch(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
Switch(config-if)#no shutdown

スイッチに向けてPCから ping を行います。

pingは、成功します。

それでは、telnetしてみます。

あれ!

pingができたのに・・・

仮想回線へのパスワードが設定されていないと、接続は拒否されてしまうのです。

仮想端末回線(vty回線)のパスワード設定

コンソールパスワードを設定するには、グローバル設定モードで以下のように入力します。

Switch(config)#line vty 0 15
Switch(config-line)#password {パスワード}
Switch(config-line)#login

vty回線へのパスワードを「ccna」に設定します。

Switch(config)#line vty 0 15
Switch(config-line)#password ccna
Switch(config-line)#login

再度、PCからスイッチに対してtelnet接続を行います。

今度は、vty回線のパスワードが設定されているので接続できます。

 Ciscoルータでは、vty回線が0~4番まででしたが、Catalystスイッチの場合、vty回線が0~15まで用意されています。一般的に、vty回線へのパスワードは、同じパスワードを設定します。