このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

スイッチのIPアドレスの設定

 CatalystスイッチにIPアドレスを振ることができます。IPアドレスを振ることにより、TELNET、SNMPなどで管理ができるようになります。

 CatalystスイッチにIPアドレスを割り当てる場合、CiscoルータにIPアドレスを割り当てる方法とは、少し手順が異なります。

 Ciscoルータの場合は、ルータの物理インターフェイスにIPアドレスを設定しますが、Catalystスイッチの場合は、仮想インタフェースにIPアドレスを割り当てます。

 IPアドレスを割り当てることができる仮想インターフェイスは、デフォルトでVLAN1になっています。このVLAN1は、管理VLANと呼ばれて、スイッチ上の全てのポートは、このVLANに所属しています。管理VLANは、あとから変更することもできます。

 CatalystスイッチでVLAN1にIPアドレスを割り当てるには、インターフェイスコンフィグレーションモードで、「ip address」コマンドを使用します。

Switch(config)#interface vlan 1
Switch(config-if)#ip address <IPアドレス> <サブネットマスク>

 それでは、Catalyst2960スイッチにIPアドレスを設定していきます。インターフェイスを「no shutdown」しておくことも忘れないようにして下さい。

Switch(config)#interface vlan 1
Switch(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
Switch(config-if)#no shutdown

PCからスイッチにpingをしてみます。

c:\>ping 192.168.1.1

 

スイッチへ接続しているストレートケーブルを他のインターフェイスに変更してみます。

 デフォルトで全てのポートはVLAN1に所属していますので、スイッチのどのインターフェイスに接続しても、PCからの ping は成功します。