このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

IPv6の設定(リンクローカルアドレス)その2

 リンクローカルユニキャストアドレスは、EUI-64を指定して自動で割り当てることもできますが、ルータやサーバなどは、短いリンクローカルユニキャストアドレスを固定で割り当てた方が分かりやすくなるため、ネットワークを把握するのが容易となります。

ここでは、手動でリンクローカルユニキャストアドレスを設定していきます。

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

リンクローカルユニキャストアドレスを手動で設定するには、以下のコマンドを使います。

Router(config-if)#ipv6 address {address} link-local

 リンクローカルユニキャストアドレスは、「1111 11110 10」というビットパターン、16進表記で表すと「fe80::/10」で始まるアドレスです。

R1ルータの設定

R1ルータで、リンクローカルユニキャストアドレスを手動で割り当てます。

R1(config)#ipv6 unicast-routing
R1(config)#int g0/0
R1(config-if)#ipv6 enable
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#no shutdown

疎通確認

・PC1のコマンドプロンプトを表示して ping コマンドを実行します。

C:>ping fe80::1

ping は成功します。

PC1の確認

PC1のIPv6アドレスを確認します。

・「Desktop」タブの「IP Configuration」のショートカットをクリックします。

 「IP Configuration」は、「Automatic」で自動取得の設定になっていますが、「IPv6 Adddress」のところを確認すると、グローバルユニキャストアドレスがセットされていませんし、「Default Gateway」で、デフォルトゲートウェイのアドレスもセットされていません。

 R1ルータでは、「ipv6 unicast-routing」コマンドを実行して、ステートレスアドレス自動設定(SLAAC:Stateless Address Autoconfiguration)により、PC1に、IPv6アドレスを自動設定するようにしているにも関わらずです。

 PC1が、グローバルユニキャストアドレスもデフォルトゲートウェイも自動設定されない理由は、R1ルータのg0/0 にグローバルユニキャストアドレスを設定していないからです。そのため、R1ルータは、PC1へIPv6アドレスのプリフィクスが通知できないでいます。

 次の「IPv6の設定(グローバルユニキャストアドレス)」では、R1ルータのg0/0 インターフェイスにグローバルユニキャストアドレスを割り当てることで、PC1 がグローバルユニキャストアドレスとデフォルトゲートウェイのIP情報が自動設定されるかどうかを確認していきます。

関連コンテンツ

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。