このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

演習ファイルのダウンロード

NATの検証コマンド

ここでは、NAT を検証するコマンドについて解説していきます。

ネットワークの構成は、下図の構成を用いていきます。

show ip nat translations

現在のNATテーブルを確認するには「show ip nat translations」コマンドを使います。

Router#show ip nat translations

●スタティックNATでの出力

R1#show ip nat translations 
Pro  Inside global     Inside local       Outside local      Outside global
icmp 200.0.0.1:1       172.16.0.10:1      10.0.0.2:1         10.0.0.2:1
icmp 200.0.0.1:2       172.16.0.10:2      10.0.0.2:2         10.0.0.2:2
icmp 200.0.0.1:3       172.16.0.10:3      10.0.0.2:3         10.0.0.2:3
icmp 200.0.0.1:4       172.16.0.10:4      10.0.0.2:4         10.0.0.2:4
---  200.0.0.1         172.16.0.10        ---                ---

●ダイナミックNATでの出力

R1#show ip nat translations 
Pro  Inside global     Inside local       Outside local      Outside global
icmp 200.0.0.2:5       172.16.0.10:5      20.0.0.1:5         20.0.0.1:5
icmp 200.0.0.2:6       172.16.0.10:6      20.0.0.1:6         20.0.0.1:6
icmp 200.0.0.2:7       172.16.0.10:7      20.0.0.1:7         20.0.0.1:7
icmp 200.0.0.2:8       172.16.0.10:8      20.0.0.1:8         20.0.0.1:8
icmp 200.0.0.3:5       172.16.0.20:5      20.0.0.1:5         20.0.0.1:5
icmp 200.0.0.3:6       172.16.0.20:6      20.0.0.1:6         20.0.0.1:6
icmp 200.0.0.3:7       172.16.0.20:7      20.0.0.1:7         20.0.0.1:7
icmp 200.0.0.3:8       172.16.0.20:8      20.0.0.1:8         20.0.0.1:8

●PAT(オーバーローディング)での出力

R1#show ip nat translations 
Pro  Inside global     Inside local       Outside local      Outside global
icmp 10.0.0.1:1024     172.16.0.20:1      20.0.0.1:1         20.0.0.1:1024
icmp 10.0.0.1:1025     172.16.0.20:2      20.0.0.1:2         20.0.0.1:1025
icmp 10.0.0.1:1026     172.16.0.20:3      20.0.0.1:3         20.0.0.1:1026
icmp 10.0.0.1:1027     172.16.0.20:4      20.0.0.1:4         20.0.0.1:1027
icmp 10.0.0.1:1        172.16.0.10:1      20.0.0.1:1         20.0.0.1:1
icmp 10.0.0.1:2        172.16.0.10:2      20.0.0.1:2         20.0.0.1:2
icmp 10.0.0.1:3        172.16.0.10:3      20.0.0.1:3         20.0.0.1:3
icmp 10.0.0.1:4        172.16.0.10:4      20.0.0.1:4         20.0.0.1:4

clear ip nat translations *

 現在のダイナミックNATの変換を全てクリアしたい場合や、ダイナミックNATの設定を途中で変更したい場合に使用するコマンドです。

Router#clear ip nat translations *

show ip nat statistics

「show ip nat statistics」コマンドは、アドレス変換に関する統計を表示します。

Router#show ip nat statistics

●「show ip nat statistics」コマンドの出力

R1#show ip nat statistics 
Total translations: 12 (0 static, 12 dynamic, 12 extended)
Outside Interfaces: Serial0/0/0
Inside Interfaces: GigabitEthernet0/0
Hits: 14  Misses: 14
Expired translations: 0
Dynamic mappings:

debug ip nat

リアルタイムにアドレス変換を確認したい場合には、「debug ip nat」コマンドを使用します。

Router#debug ip nat

●「debug ip nat」コマンドの出力

R1#debug ip nat
IP NAT debugging is on
R1#
NAT: s=172.16.0.10->10.0.0.1, d=20.0.0.1 [9]

NAT*: s=20.0.0.1, d=10.0.0.1->172.16.0.10 [15]

NAT: s=172.16.0.10->10.0.0.1, d=20.0.0.1 [10]

NAT*: s=20.0.0.1, d=10.0.0.1->172.16.0.10 [16]

NAT: s=172.16.0.10->10.0.0.1, d=20.0.0.1 [11]

NAT*: s=20.0.0.1, d=10.0.0.1->172.16.0.10 [17]

NAT: s=172.16.0.10->10.0.0.1, d=20.0.0.1 [12]

NAT*: s=20.0.0.1, d=10.0.0.1->172.16.0.10 [18]

NAT: s=172.16.0.10->10.0.0.1, d=20.0.0.1 [9]

s : 送信元IPアドレス「172.16.1.2」
-> : 内部グローバルアドレス「10.1.1.1」に変換
d : 宛先IPアドレス「10.1.1.2」

を指します。

関連コンテンツ