NATの種類

NATには、次の3つの方式があります。

  • スタティックNAT
  • ダイナミックNAT
  • PAT(オーバーローディング)

スタティックNAT

 「スタティックNAT」は、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が常に1対1にマッピングされる方法です。IPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が常に固定したい場合に使用します。

 スタティックNATでは、用意しているグローバルIPアドレスの数しか、ローカル端末は、外部(インターネット)へ接続ができません。

ダイナミックNAT

 プライベートIPアドレスと用意したグローバルIPアドレスのプールの中から1つのグローバルIPアドレスとを1対1に対応させるのが「ダイナミックNAT」です。

上の図の例では、プールの200.1.1.1~200.1.1.20の範囲内で、内部グローバルアドレスに変換されます。

PAT(オーバーローディング)

 「PAT(オーバーローディング)」は、TCP/UDPのポートを管理することで1つのグローバルIPアドレスでローカルIPアドレスが設定された複数の端末を同時に通信できるようにします。

 PATは、Ciscoの呼称で、一般的には、NAPT(Network Address Port Translation)と呼ばれています。グローバルIPアドレスを持つWAN側のインタフェースをオーバーロードすることもできますし、プールをオーバーロードすることもできます。

次の「NAT(スタティックNAT)」では、スタティックNATの設定方法をについて解説します。

関連コンテンツ