このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

EIGRP for IPv6 その1

ここでは、下図のネットワークを EIGRP for IPv6 で構築していきます。

 R1ルータ、R2ルータの G0/0、G0/1 インターフェイスには、手動でリンクローカルアドレス(LLA)を設定します。各PCのLLAは、自動生成されるLLAを使用します。また、各PCのデフォルトゲートウェイには、ルータのグローバルユニキャストアドレス(GUA)を指定することも、LLAを指定することもできますが、一般的にはLLAを指定するため、以下のように指定します。

PC1のデフォルトゲートウェイ ・・・ FE80::1
PC1のデフォルトゲートウェイ ・・・ FE80::2

 ネクストホップアドレスは、同じリンク上のルータのインターフェイスになるため、IPv6 RIP や OSPFv3 などのダイナミックルーティングプロトコルにおいて、学習するネクストホップアドレスは、リンクローカルアドレスになっています。

各ルータの設定

まずは、基本設定を行います。

各ルータのIPv6アドレスなどの基本設定は、以下のとおりです。

「ipv6 unicast-routing」コマンドを適用して、IPv6によるルーティングも有効にしておきます。

R1の設定

Router>enable
Router#conf t
Router(config)#hostname R1
R1(config)#ipv6 unicast-routing
R1(config)#int g0/0
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:1::1/64
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#int g0/1
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::1/64
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#end
R1#copy run start

R2の設定

Router>enable
Router#conf t
Router(config)#hostname R2
R2(config)#ipv6 unicast-routing
R2(config)#int g0/0
R2(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:3::1/64
R2(config-if)#ipv6 address fe80::2 link-local
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#int g0/1
R2(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::2/64
R2(config-if)#ipv6 address fe80::2 link-local
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#end
R2#copy run start

EIGRP for IPv6 を設定するコマンド

IPv6ルーティングの有効化

Router(config)# ipv6 unicast-routing

EIGRP for IPv6 プロセスの起動

Router(config)# ipv6 router eigrp <as-number>

AS番号: 1~65,535

隣接ルータと同じAS番号にしておく必要があります。

EIGRP for IPv6 のルータIDの設定

Router(config-rtr)#eigrp router-id

 ルータID(RID)は、EIGRP for IPv6 ルータを識別するための番号となります。32ビットのルータIDを指定します。IPv4アドレスがインターフェイスに割り当てられている場合は、そのIPv4アドレスがルータIDとなります。IPv4アドレスを設定しない場合は、「eigrp router-id」コマンドで指定する必要があります。

設定例)

Router(config-rtr)#eigrp router-id 1.1.1.1

ルーティングプロトコルの有効化

Router(config-rtr)#no shutdown

EIGRP for IPv6 の設定

R1の EIGRP for IPv6 の設定

R1(config)#ipv6 router eigrp 100
R1(config-rtr)#eigrp router-id 1.1.1.1
R1(config-rtr)#passive-interface g0/0
R1(config-rtr)#no shutdown
R1(config-rtr)#int g0/0
R1(config-if)#ipv6 eigrp 100
R1(config-if)#int g0/1
R1(config-if)#ipv6 eigrp 100
R1(config-if)#end
R1#copy run start

R2の EIGRP for IPv6 の設定

R2(config)#ipv6 router eigrp 100
R2(config-rtr)#eigrp router-id 2.2.2.2
R2(config-rtr)#passive-interface g0/0
R2(config-rtr)#no shutdown
R2(config-rtr)#int g0/0
R2(config-if)#ipv6 eigrp 100
R2(config-if)#int g0/1
R2(config-if)#ipv6 eigrp 100
R2(config-if)#end
R2#copy run start

これで、EIGRP for IPv6 の設定は、完了です。

続きは、次の「EIGRP for IPv6 その2」で、設定した EIGRP for IPv6 を検証していきます。

関連コンテンツ