このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

演習ファイルのダウンロード

フレームリレーの設定

 ここでは、フレームリレーネットワークを構築していきます。フレームリレー網は、「フレームリレー網を含むネットワークの構築」で作成したフレームリレー交換機を使用することで対応します。

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

フレームリレーを設定するコマンド

フレームリレーカプセル化タイプの設定

 フレームリレーのカプセル化を行うには、インターフェイスコンフィグレーションモードで、「encapsulation frame-relay」コマンドを使います。

Router(config-if)#encapsulation frame-relay {cisco | ietf}

 何も指定しない場合は、デフォルトで「cisco」が適用されます。Ciscoルータ同士では、問題ありませんが、Ciscoルータ以外の他ベンダールータを接続する場合には、「ietf」を指定する必要があります。※Packet Tracer では、「cisco」を指定するとエラーになります。

フレームリレーLMIの設定

 Cisco IOS11.1以降を使用している場合は、LMIタイプを自動検出してくれますが、それより前のバージョンを使用している場合は、LMI のタイプを指定する必要があります。

Packet Tracer の場合は、LMIタイプを指定しておく必要があります。

Rotuer(config-if)#frame-relay lmi-type {ansi | cisco | q933a}

DLCI の割り当て

 ポイントツーポイント接続を設定するには、「frame-relay interface-dlci」コマンドを使って VC に DLCI を割り当てる必要があります。

Router(config-subif)#frame-relay interface-dlci {DLCI番号}

フレームリレーマップの設定

 マルチポイントサブインタフェースを設定する際、Inverse ARP がサポートされていない場合は、「frame-relay map」コマンドを使用して手動でフレームリレーマップを作成する必要があります。今回は、ポイントツーポイント接続であるため、設定を行いません。

Router(config-if)#frame-relay map {プロトコル} {アドレス} {DLCI番号}

各ルータの設定

R1ルータの設定

Router>enable
Router#configure terminal
Router(config)#hostname R1
R1(config)#interface serial 0/0/0
R1(config-if)#encapsulation frame-relay
R1(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
R1(config-if)#frame-relay interface-dlci 100
R1(config-if)#frame-relay lmi-type ansi
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#exit
R1(config)#exit
R1#copy run start

R2ルータの設定

Router>enable
Router#configure terminal
Router(config)#hostname R2
R2(config)#interface serial 0/0/0
R2(config-if)#encapsulation frame-relay
R2(config-if)#ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
R2(config-if)#frame-relay interface-dlci 200
R2(config-if)#frame-relay lmi-type ansi
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#exit
R2(config)#exit
R2#copy run start

疎通確認

R1ルータから、R2ルータへPC2へPingを行います。

もちろん、Pingは成功します。

次の「フレームリレーの検証コマンド」では、フレームリレーの検証コマンドを紹介します。

関連コンテンツ

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。