IPv6 RIP その3

ここでは、「IPv6 RIP その2」で設定した IPv6 RIP を検証していきます。

まずは、IPv6ルーティングテーブルを確認します。

IPv6ルーティングテーブルを確認するには、「show ipv6 route」コマンドを使います。

Router#show ipv6 route

R1ルータのIPv6ルーティングテーブルを確認します。

●R1のIPv6ルーティングテーブル

R1#show ipv6 route
IPv6 Routing Table - 6 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route, M - MIPv6
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       ND - ND Default, NDp - ND Prefix, DCE - Destination, NDr - Redirect
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
       D - EIGRP, EX - EIGRP external
C   2001:DB8:CC1E:1::/64 [0/0]
     via GigabitEthernet0/0, directly connected
L   2001:DB8:CC1E:1::1/128 [0/0]
     via GigabitEthernet0/0, receive
C   2001:DB8:CC1E:2::/64 [0/0]
     via GigabitEthernet0/1, directly connected
L   2001:DB8:CC1E:2::1/128 [0/0]
     via GigabitEthernet0/1, receive
R   2001:DB8:CC1E:3::/64 [120/2]
     via FE80::2, GigabitEthernet0/1
L   FF00::/8 [0/0]
     via Null0, receive

 「2001:DB8:CC1E:3::/64」へのネクストホップアドレスは、「FE80::2」のR2ルータのの G0/1 インターフェイスのリンクローカルユニキャストアドレス(LLA)になっています。

R2ルータのIPv6ルーティングテーブルを確認します。

●R2のIPv6ルーティングテーブル

R2#show ipv6 route
IPv6 Routing Table - 6 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, R - RIP, B - BGP
       U - Per-user Static route, M - MIPv6
       I1 - ISIS L1, I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary
       ND - ND Default, NDp - ND Prefix, DCE - Destination, NDr - Redirect
       O - OSPF intra, OI - OSPF inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2
       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2
       D - EIGRP, EX - EIGRP external
R   2001:DB8:CC1E:1::/64 [120/2]
     via FE80::1, GigabitEthernet0/1
C   2001:DB8:CC1E:2::/64 [0/0]
     via GigabitEthernet0/1, directly connected
L   2001:DB8:CC1E:2::2/128 [0/0]
     via GigabitEthernet0/1, receive
C   2001:DB8:CC1E:3::/64 [0/0]
     via GigabitEthernet0/0, directly connected
L   2001:DB8:CC1E:3::1/128 [0/0]
     via GigabitEthernet0/0, receive
L   FF00::/8 [0/0]
     via Null0, receive

 「2001:DB8:CC1E:1::/64」へのネクストホップアドレスは、「FE80::1」のR1ルータの G0/1 インターフェイスのリンクローカルユニキャストアドレス(LLA)になっています。

R1ルータ、R2ルータのルーティングテーブルにRIPngルートが追加されていることが確認できます。

show ipv6 protocols

IPv6ルーティングプロトコルの設定を確認するには、「show ipv6 protocols」コマンドを使用します。

Router#show ipv6 protocols

●R1ルータの「show ipv6 protocols」コマンドの出力

R1#show ipv6 protocols 
IPv6 Routing Protocol is "connected"
IPv6 Routing Protocol is "ND"
IPv6 Routing Protocol is "rip ripng"
  Interfaces:
    GigabitEthernet0/0
    GigabitEthernet0/1
  Redistribution:
    None

show ipv6 rip database

IPv6 RIP のルーティングデータベースを確認するには、「show ipv6 rip database」コマンドを使用します。

Router#show ipv6 rip database

●R1ルータの「show ipv6 rip database」コマンドの出力

R1#show ipv6 rip database 
RIP process "ripng" local RIB 
 2001:DB8:CC1E:2::/64, metric 2
    GigabitEthernet0/1/FE80::2, expires in 168 sec
 2001:DB8:CC1E:3::/64, metric 2, installed
    GigabitEthernet0/1/FE80::2, expires in 168 sec

疎通確認

PC1から、PC2へPingを行います。

C:>ping 2001:db8:cc1e:3::a

Pingが届きます。

関連コンテンツ

YouTube解説

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。