PPPの特徴

 PPP は、IOS DHLC をベースにしているデータリンク層のプロトコルです。ポイントツーポイント接続する際に使用します。

 PPP は、マルチプロトコル環境をサポートします。ネットワーク層にIPを使用する場合は、IPCP、IPX を使用する場合は、IPXCP、Apple Talk を使用する場合は、ATALKCP(Apple Talk Control Protocol)を使用することでマルチプロトコル環境に対応しています。

PPPには、「LCP」と「NCP」という層があります。

LCP

LCPでは、リンクの確立、切断、維持を担当しています。

また、LCPのオプションでは、

  • 認証
  • 圧縮
  • エラー検出
  • マルチリンク

を設定します。

NCP

 NCPでは、ネットワーク層のプロトコルとネゴシエーションを行います。IPCP、IPXCP、ATALKCPを使用することにより、マルチプロトコル環境に対応させています。

PPPセッションの確立

①リンク確立フェーズ

・LCPフレームを送信してデータリンクを設定、テストを行います。
・MTU、圧縮、リンク認証などについてネゴシエートします。

②認証フェーズ

<認証機能を使用する場合>※認証機能を利用しなくても良い
・認証を使う場合、ネットワーク層プロトコル フェーズの前に開始されます。

③ネットワーク層