Serialのカプセル化(Cisco HDLC)

 Cisco ルータの Serial インターフェイスののデフォルトのカプセル化は、Cisco 独自の HDLC です。「show interfaces serial」コマンドで確認できます。

Router#show interfaces serial 0

●Serialのカプセル化(Cisco2500 の出力)


Serial0 is up, line protocol is up
  Hardware is HD64570
  Internet address is 192.168.2.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:09, output 00:00:06, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/1 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     5 packets input, 367 bytes, 0 no buffer
     Received 5 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     8 packets output, 757 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     2 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up

「Encapsulation HDLC」という出力から、Serial のカプセル化が Cisco HDLC であることが確認できます。

 Cisco 社以外との製品と通信する場合は、PPPなどの別のプロトコルでカプセル化を行う必要があります。HDLC は、ベンダーごとに仕様が異なっている場合が多いので、基本的にメーカー間で通信を行うことができません。

 Cisco HDLC は、ISO標準のフレームフォーマットと少し違います。マルチプロトコル環境に対応するため、Cisco独自のフィールドが用意されています。