このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

スイッチのIPv6設定(準備)その1

ここでは、CiscoスイッチにIPアドレスを割り当てる方法を解説していきます。

ネットワークは下図の構成となります。

アドレッシングテーブル
デバイスインターフェイスIPv6 アドレスデフォルトゲートウェイ
R1G0/0/02001:db8:cc1e:a::1/64なし
G0/0/12001:db8:cc1e:1::1/64なし
S1VLAN12001:db8:acad:1::2/64
192.168.1.1/24
fe80::1
PC1F02001:db8:cc1e:1::3/64fe80::1
PC2F02001:db8:cc1e:a::3/64fe80::1
TFTP ServerF02001:db8:acad:1::a/64
192.168.1.10/24
fe80::1

 グローバルユニキャストアドレスには、RFC 3849でドキュメント用として予約されているIPv6グローバルプレフィックス「2001:db8::/32」を指定しています。

PCの設定

各PCにIPv6アドレスを割り当てます。下図のように設定します。

PC1の設定

PC2の設定

TFTP Server の設定

TFTPサービスで、保存されているIOSを確認します。

 Cataryst2960用の「c2960-lanbasek9-mz.150-2.SE4.bin」があることを確認します。後ほど、S1スイッチのIOSをこのIOSでアップグレードさせます。

R1ルータの設定

グローバルユニキャストアドレス(GUA)の適用

Router>enable
Router#configure terminal
Rouert(config)#hostname R1
R1(config)#ipv6 unicast-routing
R1(config)#int g0/0/0
R1(config-if)#ipv6 enable
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:a::1/64
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#interface g0/0/1
R1(config-if)#ipv6 enable
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:1::1/64
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#end
R1#copy run start

「ipv6 enable」コマンドによって、自動でリンクローカルアドレスを割り当てることができます。

「ipv6 enable」コマンドの設定は省略が可能です。インターフェイスにグローバルユニキャストアドレス、もしくは、ユニークローカルアドレスを設定すると、そのアドレスの基づいてリンクローカルアドレスも自動的に生成されて割り当てられます。

ここでは、明示的に「ipv6 enable」コマンドも設定しています。

R1ルータのインタフェースに割り当てられたIPv6アドレスを確認します。

●R1ルータの「show ipv6 interface brief」の出力

R1#show ipv6 int bri
GigabitEthernet0/0/0       [up/up]
    FE80::201:97FF:FE72:6E01
    2001:DB8:CC1E:A::1
GigabitEthernet0/0/1       [up/up]
    FE80::201:97FF:FE72:6E02
    2001:DB8:CC1E:1::1
GigabitEthernet0/0/2       [administratively down/down]
    unassigned
Vlan1                      [administratively down/down]
    unassigned

 黄色のマークのリンクローカルアドレスは、EUI-64アドレッシングに基づき、インターフェイスIDの部分をMACアドレスを基にして作成されています。

詳しくは、「IPv6の設定(リンクローカルアドレス)その1」で解説しています。

手動でのリンクローカルアドレス(LLA)の適用

R1#configure terminal
R1(config)#interface g0/0/0
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#interface g0/0/1
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#end
R1#copy run start

リンクローカルアドレス「FE80::1」がインターフェイスに割り当てられていることを確認します。

●R1ルータの「show ipv6 interface brief」の出力

R1#show ipv6 int bri
GigabitEthernet0/0/0       [up/up]
    FE80::1
    2001:DB8:CC1E:A::1
GigabitEthernet0/0/1       [up/up]
    FE80::1
    2001:DB8:CC1E:1::1
GigabitEthernet0/0/2       [administratively down/down]
    unassigned
Vlan1                      [administratively down/down]
    unassigned

●R1ルータの「show ipv6 interface」の出力

R1#show ipv6 interface
GigabitEthernet0/0/0 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::1
  No Virtual link-local address(es):
  Global unicast address(es):
    2001:DB8:CC1E:A::1, subnet is 2001:DB8:CC1E:A::/64
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::2
    FF02::1:FF00:1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
  ND advertised reachable time is 0 (unspecified)
  ND advertised retransmit interval is 0 (unspecified)
  ND router advertisements are sent every 200 seconds
  ND router advertisements live for 1800 seconds
  ND advertised default router preference is Medium
  Hosts use stateless autoconfig for addresses.
GigabitEthernet0/0/1 is up, line protocol is up
  IPv6 is enabled, link-local address is FE80::1
  No Virtual link-local address(es):
  Global unicast address(es):
    2001:DB8:CC1E:1::1, subnet is 2001:DB8:CC1E:1::/64
  Joined group address(es):
    FF02::1
    FF02::2
    FF02::1:FF00:1
  MTU is 1500 bytes
  ICMP error messages limited to one every 100 milliseconds
  ICMP redirects are enabled
  ICMP unreachables are sent
  ND DAD is enabled, number of DAD attempts: 1
  ND reachable time is 30000 milliseconds
  ND advertised reachable time is 0 (unspecified)
  ND advertised retransmit interval is 0 (unspecified)
  ND router advertisements are sent every 200 seconds
  ND router advertisements live for 1800 seconds
  ND advertised default router preference is Medium
  Hosts use stateless autoconfig for addresses.

 リンクローカルアドレス「FE80::1」が確認できます。また、全ノードマルチキャスト(FF02::1)、要請ノードマルチキャスト(FF02::1:FF00:1)も確認できます。

 ちなみに、全ノードマルチキャストアドレスは、すべてのIPv6ホストが所属するマルチキャストアドレスで、要請ノードマルチキャストアドレスは、MACアドレスの解決で使用されるマルチキャストアドレスとなります。IPv4アドレスにおけるARPに相当します。

 これで、PC1とルータの基本設定は完了です。S1スイッチの設定は、「スイッチのIPv6設定(sdm prefer)」で解説していきます。

関連コンテンツ