このページで解説している内容は、以下のYoutube動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。


ネットワークの構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

show controllersコマンド(物理層の確認)

ルータを「Back-to-Back」接続するには、一方のルータを擬似的にDCEにする必要があります。

 DCE側には、クロックレートを設定しますが、どちらのルータが、DCEになるのかは、ケーブルによって決まるようになっています。通常は、シリアルケーブルは、下の写真のように、「DCE」、「DTE」とマークが付いています。

ケーブルによっては、コネクタ付近にラベルが付いています。

 DCEと書かれているケーブルを挿したルータがDCEになりますが、実機の場合、ルータのケーブル配線がラックの後ろ側にあって確認しにくい場合や、ラベルの確認がし辛い場合に、「show controllers serial」コマンドを使えば、どちらが、DCE、DTEであるのかを確認できます。

Router#show controllers serial <インタフェース名> <インタフェース番号>

●「show controllers serial」コマンドの出力結果

Router_A#show controllers serial 0/0/0
Interface Serial0/0/0
Hardware is PowerQUICC MPC860
DCE V.35, clock rate 64000
idb at 0x81081AC4, driver data structure at 0x81084AC0
SCC Registers:
General [GSMR]=0x2:0x00000000, Protocol-specific [PSMR]=0x8
Events [SCCE]=0x0000, Mask [SCCM]=0x0000, Status [SCCS]=0x00
Transmit on Demand [TODR]=0x0, Data Sync [DSR]=0x7E7E
Interrupt Registers:
Config [CICR]=0x00367F80, Pending [CIPR]=0x0000C000
Mask   [CIMR]=0x00200000, In-srv  [CISR]=0x00000000
Command register [CR]=0x580
Port A [PADIR]=0x1030, [PAPAR]=0xFFFF
       [PAODR]=0x0010, [PADAT]=0xCBFF
Port B [PBDIR]=0x09C0F, [PBPAR]=0x0800E
       [PBODR]=0x00000, [PBDAT]=0x3FFFD
Port C [PCDIR]=0x00C, [PCPAR]=0x200
       [PCSO]=0xC20,  [PCDAT]=0xDF2, [PCINT]=0x00F
Receive Ring
        rmd(68012830): status 9000 length 60C address 3B6DAC4
        rmd(68012838): status B000 length 60C address 3B6D444
Transmit Ring
        tmd(680128B0): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128B8): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128C0): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128C8): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128D0): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128D8): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128E0): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128E8): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128F0): status 0 length 0 address 0
        tmd(680128F8): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012900): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012908): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012910): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012918): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012920): status 0 length 0 address 0
        tmd(68012928): status 2000 length 0 address 0

tx_limited=1(2)
 
SCC GENERAL PARAMETER RAM (at 0x68013C00)
Rx BD Base [RBASE]=0x2830, Fn Code [RFCR]=0x18
Tx BD Base [TBASE]=0x28B0, Fn Code [TFCR]=0x18
Max Rx Buff Len [MRBLR]=1548
Rx State [RSTATE]=0x0, BD Ptr [RBPTR]=0x2830
Tx State [TSTATE]=0x4000, BD Ptr [TBPTR]=0x28B0
 
SCC HDLC PARAMETER RAM (at 0x68013C38)
CRC Preset [C_PRES]=0xFFFF, Mask [C_MASK]=0xF0B8
Errors: CRC [CRCEC]=0, Aborts [ABTSC]=0, Discards [DISFC]=0
Nonmatch Addr Cntr [NMARC]=0
Retry Count [RETRC]=0
Max Frame Length [MFLR]=1608
Rx Int Threshold [RFTHR]=0, Frame Cnt [RFCNT]=0
User-defined Address 0000/0000/0000/0000
User-defined Address Mask 0x0000


buffer size 1524

PowerQUICC SCC specific errors:
0 input aborts on receiving flag sequence
0 throttles, 0 enables
0 overruns
0 transmitter underruns
0 transmitter CTS losts
0 aborted short frames

 DCE側であると判明したら、「clock rate」コマンドでクロックレートの設定を行います。この演習では、設定を64000にしています。