IOSモードの切り替え(第2版)

IOSモードの切り替えについては、以下のリンク先でも解説しています。

 → IOSモードの切り替え

ここでは、別の切り口で「IOSのモードの切り替え」について解説していきます。

このページで解説している内容は、以下のYoutube動画の解説で見ることができます。

 Ciscoルータ、スイッチを設定するには、コマンドによる設定が、中心になってきます。IOSには、4つの入力階層があり、コマンドは適切な、階層で入力しなければ、コマンドを受け付けないようになっています。

ユーザEXECモード

ルータを起動して、ログインすると、まずユーザモードに入ります。

プロンプトは、

Router>

と表示されます。

 このモードでは、主にルータのステータスを表示することができます。しかし、確認できる内容には、制限があり、ルータの全てのステータスを確認することはできません。

例えば、ルータの現在稼働していいうコンフィグを表示するために、「show running-config」と入力してみます。

Router>show running-config
            ^
% Invalid input detected at '^' marker.

無効な入力が検出されたと指摘されます。

特権EXECモード

 特権モードでは、ルータのステータスを確認することができます。ユーザモードと違って制限は、ありません。また、ファイルをコピーしたり、ネットワーク診断用のコマンドが、実行できます。主に使うコマンドは、以下のコマンドになると思います。このモードから下の階層は、管理者がアクセスするモードになります。

・show
・copy
・telnet
・ping
・traceroute

プロンプトは、

Router#

と表示されます。

グローバル設定モード

このモードでは、ルータ全体に関わる設定を行います。ホスト名、パスワードなどを主に設定します。

プロンプトは、

Router(config)#

と表示されます。

その他の設定モード

 特定のプロトコルやインタフェースの設定を行います。インタフェースの詳細設定を行う「インターフェース設定モード」や、ルーティングの詳細設定を行う「ルータ設定モード」、ラインの設定を行う「ライン設定モード」などがあります。

モードの遷移

上で紹介したモードへ遷移するには、下の図に示されているコマンドを入力することで、モードを切り替えることができます。

◆各モードへのコマンド

●ユーザモード → 特権モード●特権モード → ユーザモード
Router>enable
Router#
Router#disable
Router>
●特権モード → グローバル設定モード●グローバル設定モード → 特権モード
Router#configure terminal
Router(config)#
Router(config)#exit
Router#
●グローバル設定モード → ルータ設定モード●ルータ設定モード → グローバル設定モード
Router(config)#router rip
Router(config-router)#
Router(config-router)#exit
Router(config)#

「Ctrl + Z」を押すことで、いつでも、特権モードに戻れます。

●ルータ設定モード → 特権モード●グローバル設定モード → ユーザモード
Router(config-router)#^Z
Router#
Router(config)#^Z
Router#

ログアウト

ルータから、ログアウトするには、「ユーザモード」「特権モード」で以下のコマンドを入力します。

・exit
・logout

例えば、特権EXECモードで、以下のコマンドを入力します。

コマンド入力を間違えた場合

Router#quit

このコマンドは、実行することができないので、しばらく、コマンドの入力ができない状態になります。

そして、以下のような出力され、コマンドが再び入力できる状態となります。

Router#quit
Translating "quit"...domain server (255.255.255.255) % Name lookup aborted
Router#

「ドメインサーバー(255.255.255.255)名前検索が中止されました。」と表示されます。

これは、名前解決、ここでは「quit」という名前のホストを探してみましたが中断した、ということを意味しています。

結構長い間、待たされることになります。

コマンド入力が、しばらくできない状態が続きます。入力ミスだと気が付いたら、すぐにこの名前解決を中断させることができます。

「ctrl」+「shift」+「6」

上のキーを同時押しにすることで、中断させることができます。