ルータの通常の起動プロセス

 Ciscoルータの起動の仕組みを理解しておけば、ルータの起動障害時に役に立ちます。滅多に起こることはありませんが、IOSが壊れてしまうこともあります。

 IOSを復旧する時やパスワードをリカバリーする時に、復旧するには、起動プロセスをどこで変更すればいいのかが理解できまし、ルータのトラブル時にどこで問題が発生しているのか、原因を追究するのに役立ちます。

ルータを設定しているとついつい誤ってIOSを消してしまうケースもあります。

それでは、下の図を見ながらルータの通常の起動プロセスを確認していきます。

 ルータの電源を入れると、通常はルータのコンフィグレーションレジスタの値を0x2102で運用していると思われるので、以下のプロセスで起動することになります。

①POST
   ↓

②Bootstrap
   ↓
③コンフィグレーションレジスタの値の読み込み
   ↓
④IOSの読み込み
   ↓
⑤running-configの読み込み

起動プロセスの説明

それでは、各プロセスで何が行われるのかを、もう少し具体的に説明していきます。

①POST

 ルータの電源を入れるとPOSTが実行され、ハードウェアのチェックが行われます。異常がある場合は、ここで動作が中断されます。

②Bootstrap

 BootstrapがROMからRAMに呼び出されて実行されます。Bootstrapは、IOSの検索や読み込みに必要なプログラムです。

③コンフィグレーションレジスタの値の読み込み

コンフィグレーションレジスタの値を読み込み、ブートフィールドからIOSの読み込み先を判断する。

④IOSの読み込