このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

DNSサーバの指定(ip name-server)

 Ciscoルータでは、 ホスト名とIPアドレスとの対応を「ip host」コマンドで定義することができます。しかし、この方法では、各ルータでホスト名とIPアドレスとの対応を「ip host」コマンドで定義する必要があり、規模の大きなネットワークでは、向いているとは言えません。

 ホスト名とIPアドレスを対応させる仕組みにDNS(Domain Naming System)がありますが、Ciscoルータでは、DNSサーバを使用して名前解決が行えます。

 ルータのDNSルータを機能を有効にするには、グローバル設定モードで、「ip domain-lookup」コマンドを使用します。このコマンドは設定を行わなくとも、デフォルトでDNSルックアップ機能を有効になっているため、設定する必要はありません。

つまり、CiscoルータはデフォルトでDNSサーバを用いて名前解決を行うようになっています。

 しかし、デフォルトのままでは、ルータは、「255.255.255.255」のリミテッドブロードキャストを用いてDNSサーバに問い合わせをするため、同じローカルネットワーク上にDNSサーバが存在していなければなりません

 異なるネットワーク上のDNSサーバを使用する場合には、「ip name-server」コマンドで、DNSサーバを指定する必要があります。

ルータと同じネットワーク上にDNSサーバがある場合

まず、上記のネットワーク構成で、RAのCLIからpingコマンドを実行します。

RA#ping www.abc.co.jp

RA#ping www.xyz.co.jp

●RAの「ping」の出力

RA#ping www.abc.com
Translating "www.abc.com"...domain server (255.255.255.255)
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.200, timeout is 2 seconds:
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 0/0/0 ms

RA#ping www.xyz.com
Translating "www.xyz.com"...domain server (255.255.255.255)
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.2.200, timeout is 2 seconds:
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 0/0/2 ms

RA#

名前解決され、pingが成功します。

ネットワーク構成を下図のように変更します。

DNSサーバをS1から取り外し、RBのG0/0に繋げます。

DNSサーバのIPアドレスを「192.168.4.100/24」に、デフォルトゲートウェイの指定を「192.168.4.1/24」変更します。

RAルータを再起動させておきます。

RA#reload

変更したネットワーク構成で、RAのCLIからpingコマンドを実行します。

RA#ping www.abc.co.jp

RA#ping www.xyz.co.jp

●RAの「ping」の出力

RA#ping www.abc.com
Translating "www.abc.com"...domain server (255.255.255.255)
% Unrecognized host or address or protocol not running.

RA#ping www.xyz.com
Translating "www.xyz.com"...domain server (255.255.255.255)
% Unrecognized host or address or protocol not running.

RA#

名前解決ができず、pingは失敗します。

ルータと異なるネットワーク上にDNSサーバがある場合

●「ip name-server」コマンドで、DNSサーバを指定します。

RAルータ、RBルータで、DNSサーバを指定します。

RA(config)#ip name-server 192.168.4.100

RB(config)#ip name-server 192.168.4.100

●PC1と3台のサーバのDNSサーバの設定をIPアドレスを「192.168.4.100」に変更します。

RAのコンソールからpingコマンドを実行します。

RA#ping www.abc.co.jp

RA#ping www.xyz.co.jp

●RAの「ping」の出力

RA#ping www.abc.com

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.1.200, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 0/0/3 ms

RA#ping www.xyz.com
Translating "www.xyz.com"...domain server (192.168.4.100)
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.2.200, timeout is 2 seconds:
.!!!!
Success rate is 80 percent (4/5), round-trip min/avg/max = 0/0/1 ms

RA#

名前解決され、pingが成功します。