このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

ダウンロードファイルは、既に上図のネットワーク構成の設定を済ませています。

上図のネットワーク構成は、「show interfaces コマンド」で解説に使用したネットワーク構成にスイッチを追加してものです。

スイッチにIPアドレスを割り当てるには、VLANインターフェイスにIPアドレスを設定していくようになります。以下のコマンドで設定します。

S1(config)#interface vlan 1
S1(config-if)#ip address 192.168.4.2 255.255.255.0
S1(config-if)#no shutdown

show ip interface brief コマンド

 ルータが装備している全てのインターフェイスのステータスを表示するコマンドには、「show interfaces」コマンドがあるのですが、このコマンドの出力が、少々長いのが難点です。

途中で

「 --More--」

が出力されて何回もスクロールしなければなりません。

とりあえず、物理層、データリンク層の「up」「down」を知りたい時に便利なのが、以下のコマンドです。

Router#show ip interface brief

briefとは、簡単な、手短な、簡潔な、という意味の単語です。

ルータに搭載されている全てのインタフェースのステータスを要約して表示することができます。

RA#show ip interface brief

●RAでの「show ip interface brief」コマンドの出力

RA#show ip interface brief 
Interface              IP-Address      OK? Method Status                Protocol 
GigabitEthernet0/0     192.168.1.1     YES manual up                    up 
GigabitEthernet0/1     192.168.4.1     YES manual up                    up 
Serial0/0/0            192.168.2.1     YES manual up                    up 
Serial0/0/1            unassigned      YES unset  administratively down down 
Vlan1                  unassigned      YES unset  administratively down down

●S1での「show ip interface brief」コマンドの出力

 ルータは、インターフェイスの数が少ないため、「show interfaces」 コマンドを使ってもスクロールする数は、たかが知れています。しかし、スイッチは、数多くのインターフェイスを備えています。スイッチで「show interfaces」 コマンドを使うと、ものすごくスクロールをする羽目となります。

スイッチでは、「show ip interface brief」コマンドが重宝することでしょう。

S1#show ip interface brief 
Interface              IP-Address      OK? Method Status                Protocol 
FastEthernet0/1        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/2        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/3        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/4        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/5        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/6        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/7        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/8        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/9        unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/10       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/11       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/12       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/13       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/14       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/15       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/16       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/17       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/18       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/19       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/20       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/21       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/22       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/23       unassigned      YES manual down                  down 
FastEthernet0/24       unassigned      YES manual down                  down 
GigabitEthernet0/1     unassigned      YES manual up                    up 
GigabitEthernet0/2     unassigned      YES manual down                  down 
Vlan1                  192.168.4.2     YES manual up                    up

慌てて設定するとついつい忘れてしまうのが

  • 「no shutdown」コマンド
  • データリンク層のカプセル化の指定
  • 「clock rate」コマンド

などです。

「show ip interface brief」コマンドを使えば、そんな、うっかりミスも直ぐに見つけることができます。

ちなみに、物理層、データリンク層の「up」「down」を知ることによって以下ような原因を推測することができます。

●物理層とデータリンク層の状態

物理層データリンク層インタフェースの状態トラブルの原因
upup問題なし問題なし
updownデータリンク層の問題・カプセル化の間違い
・クロックレートの問題
・キープアライブの失敗
downdown物理層の問題・ケーブル破損
・ケーブル配線
・インタフェースの破損
administratively downdown管理者が意図的にダウンさせている。・管理目的でインターフェイスをshutdownしている。
downupありえません。物理層がdownすれば、必ずデータリンク層もダウンしま。

「show ip interface brief」コマンドは、便利なコマンドなので覚えておきましょう!