このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

ネットワーク構成

ネットワークの構成は、下図のとおりです。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

Routerのパスワードは、以下のように設定しています。

  • enable password ・・・ cisco
  • enable secret   ・・・ class
  • line vty      ・・・ cisco

バナーメッセージ

 ルータにログインする際に表示させるメッセージを「message of the day」と言います。このメッセージは、ユーザに、ルータへのアクセス権限や注意事項を通知するために使用します。

この「message of the day」を設定するには、グローバル設定モードで「banner motd」コマンドを使います。

Router(config)#banner motd <区切り文字>

「区切り文字」は、何でもいいのですが、一般的には「#」を使います。

区切り文字でルータは、メッセージであることを認識するので、例えば、下の例のように、設定すると

Router(config)#banner motd a
Please do not access this router excluding the manager. a

「a」が区切り文字になるので、

Please do not access this router excluding the manager. a

「message of the day」は、「Ple」になってしまいます。

●「banner motd」コマンド

それでは、以下のコマンドを入力して、「banner motd」を設定します。

Router(config)#banner motd #
Please do not access this router excluding the manager.#

●「banner motd」の出力結果

Router(config)#banner motd #
Enter TEXT message.  End with the character '#'.
Please do not access this router excluding the manager.#

「banner motd」を設定後、ログアウトすると下のように表示されます。

Router#disable
Router>exit

Router con0 is now available

Press RETURN to get started.

Please do not access this router excluding the manager.


Router>

●Telnet接続時

PC0から、RouterにTelnetします。

C:\>telnet 192.168.1.1

Telnetでログインしたときも、下のように、「message of the day」が表示されます。

インターフェイスの説明文

 各インターフェイスに、説明文を加えておくと「show running-config」、「show startup-config」と表示した時に、理解がしやすくなります。

グローバル設定モードで、「description」コマンドで設定します。

Router(config-if)#description <説明文>  

例えば、下のように設定すると

Router(config-if)#description Connected to Sales LAN

●「description」コマンドの設定

Router(config)#interface GigabitEthernet 0/0
Router(config-if)#description Connected to Sales LAN

 もちろん、「show running-config」、設定を保存していれば、「show startup-config」で説明文を確認することができます。

「show interfaces」コマンドでも確認できます。

●「show interfaces」コマンドの出力

Router#show interfaces GigabitEthernet 0/0
GigabitEthernet0/0 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is CN Gigabit Ethernet, address is 0060.5c14.e501 (bia 0060.5c14.e501)
  Description: Connected to Sales LAN
  Internet address is 192.168.1.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 100 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Full-duplex, 100Mb/s, media type is RJ45
  output flow-control is unsupported, input flow-control is unsupported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00, 
  Last input 00:00:08, output 00:00:05, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue :0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 watchdog, 1017 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 unknown protocol drops
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

演習ファイル(完了)のダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習を完了させたファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。