VRRPとは

 VRRPとは、「Virtual Router Redundancy Protocol」の略で、ネットワーク上でルータの冗長化をサポートするプロトコルです。

 仮想ルータ冗長プロトコルとも呼ばれ、同一サブネット内のデフォルトゲートウェイを可用生を高め冗長化することができます。RFC3768で定義され、ルータやレイヤ3スイッチなどでサポートされています。

まず、VRRPを使用しないネットワーク構成を見てゆきます。

 下図のようにRouterAに障害が発生した場合、セグメントAに所属するPCは、この障害を回避できません。

 デフォルトゲートウェイを失うと、そのデフォルトゲートウェイに接続しているセグメント上の機器は通信できなくなります。この障害を回避するための対策として、次のような対策があります。

  • ダイナミックルーティングで迂回する方法
  • VRRPを使う方法
  • HSRP ※Cisco独自

ここでは、VRRPを使用した冗長化の例を説明してゆきます。

先ほどのネットワーク構成図に、ルータBを増設して、下図のようにネットワークを構成し直します。

 セグメントAに所属するPCのデフォルトゲートウェイは、通常、1つしか設定することができません。ここでは、RouterAのセグ