VLSMと経路集約

 インターネットの普及により、世界中のネットワークのルート数が、飛躍的に増加しています。そのため、ルータは、膨大な数のルート情報を学習しなけれならず、ルーティングテーブル上のエントリー数は膨大なものとなっています。

 ルーティングテーブルのサイズが大きくなると、ルータのCPUやメモリに負担がかかりオーバヘッドが大きくなってしまいます。受信するパケットの一つ一つに対して、この膨大なエントリーの中から探し出すのは大変、負荷の高い作業となります。

 そこで、複数のネットワーク(サブネット)を1つにまとめることで、ルーティングテーブルサイズを小さくしてCPUやメモリへの負担を軽減させる仕組みが考えられています。この仕組みを経路集約といい、VLSMによる階層型アドレッシングにより、実現しています。

 経路集約により、ルーティングアップデートの経路情報が少なくなり、帯域幅の使用率が軽減されます。また、ルーティングテー部のエントリー数も少なくなるため、テーブル検索速度が速くなります。

それでは、経路集約がどのように行われるかを下図を使って解説していきます。

Router_Aにおいて

 192.168.0.0/24
 192.168.1.0/24
 192.168.2.0/24
 192.168.3.0/24

の経路情報を持っています。上位2オクテットは、共通ですから、第3オクテットに注目します。

 0(10進数) =  000000|00 (2進数)
 1(10進数) =  000000|01 (2進数)
 2(10進数)