DHCPとは

まず、DHCPの概要を説明します。

DHCPとは

 DHCPとは、「Dynamic Host Configuration Protocol」の略で、コンピュータがネットワーク接続するために必要なIPアドレスなどの情報を自動的に割り当てるプロトコルです。

DHCPを利用して、自動的に設定できる情報には、以下の項目です。

  • IPアドレス
  • サブネットマスク
  • デフォルトルータ
  • DNS

※上記以外にも様々な情報を設定することができます。

 クライアントに、自動的にIPアドレスなどのネットワークに接続に必要な情報を設定できるのは、とても便利です。数台のクライアントであれば、この割り当て作業もさほど大変な作業ではありませんが、台数が多くなると管理が大変です。

 ネットワークに接続する端末が増える都度、追加するクライアント用にIPアドレスなどを割り当てなければならないからです。

それでは、クライアントを使用する利用者に自分で、設定してもらえば、よいのではないか?

 そう思われるかもしれませんが、設定するネットワーク情報には、ルールがいろいろあり、例えば、IPアドレスは、重複してはならないルールがあります。そのルールを破ると、期待通りの通信を行うことができなくなってしまいます。

 また、間違えて、デフォルトゲートウェイのIPアドレスがクライアントに割り与えられてしまうと、間違えて設定されたクライアントと同じネットワークに属する他のクライアントが、自分と異なるネットワークやインターネットに接続できなくなってしまいます。

 ネットワークの設定には、ある程度のネットワークに関する知識が必要で、1つも間違えることもなく、全ての項目を正しく設定を行う必要があります。

 たとえ、ネットワークに詳しい人ばかりだとしても、人間ですから間違えて設定してしまうこともあります。そういった意味でも、間違いなく確実にネットワークの設定を割り当てることができるDHCPは、たくさんクライアントがあるネットワークでは、重宝します。

 このように、DHCPを用いることで、ネットワーク管理が容易となり、ネットワーク管理者は、例えクライアントの数が多くとも容易に一元管理すること