このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

マルチエリアOSPF(ネットワークLSA)

LSAタイプ2は、ネットワークLSAとも言います。マルチアクセスネットワーク上の代表ルータ(DR)が生成します。

 ここで、OSPFでは、以下の3種類のネットワークを自動的に認識し、DR、BDRを選出するようになっていたのを思い出してみましょう。

  • DR(designated router):「代表ルータ」と呼ばれています。
  • BDR(backup designated router:「バックアップ代表ルータ」と呼ばれています。
  • DROTHER:DR、BDRに選出されなかったルータ。

そのエリアの代表に選ばれたDRが、LSAタイプ2のネットワークLSAを生成します。

 LSAタイプ2には、DRのIPアドレス、ルータID、同じマルチアクセス型ネットワーク上のルータIDのリスト、サブネットマスクを通知します。通知範囲は、同じエリア内に限定されます。

 マルチアクセスネットワークにおけるDR・BDRの選出については、「OSPF(DR・BDRの選出)」を参考にしてみて下さい。

LSAタイプ2のネットワークLSAを確認するには、「show ip ospf database network」で確認できます。

Router#show ip ospf database network

マルチエリアOSPF(ABR・ASBR混在設定例①:R1~R3)」で構築したネットワークを利用して確認していきます。

「show ip ospf database network」コマンド

 リンクステートデータベース(LSDB)のLSAタイプ2の詳細情報は「show ip ospf database network」コマンドを使用します。

R4ルータで「show ip ospf database network」コマンドを実行します。

●R4ルータの「show ip ospf database network」コマンドの実行結果

R4#show ip ospf database network 

            OSPF Router with ID (172.20.0.1) (Process ID 1)

                Net Link States (Area 0)

  Routing Bit Set on this LSA
  LS age: 1549
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Network Links
  Link State ID: 172.20.0.2  (address of Designated Router)
  Advertising Router: 172.21.0.1
  LS Seq Number: 80000001
  Checksum: 0x6773
  Length: 32
  Network Mask: /16
        Attached Router: 172.20.0.1
        Attached Router: 172.21.0.1

  Routing Bit Set on this LSA
  LS age: 1544
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Network Links
  Link State ID: 172.18.0.2  (address of Designated Router)
  Advertising Router: 172.19.0.1
  LS Seq Number: 80000001
  Checksum: 0x697d
  Length: 32
  Network Mask: /16
        Attached Router: 172.18.0.1
        Attached Router: 172.19.0.1

  Routing Bit Set on this LSA
  LS age: 1544
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Network Links
  Link State ID: 172.19.0.2  (address of Designated Router)
  Advertising Router: 172.20.0.1
  LS Seq Number: 80000001
  Checksum: 0xcb22
  Length: 32
  Network Mask: /16
        Attached Router: 172.19.0.1
        Attached Router: 172.20.0.1

「show ip ospf database」コマンド

 リンクステートデータベース(LSDB)を表示します。LSDBを表示して、データベース内にある詳細情報を確認するには、「show ip ospf database」コマンドを使用します。

Router#show ip ospf database

R4ルータで「show ip ospf database」コマンドを実行します。

●R4ルータの「show ip ospf database」コマンドの実行結果

R4#show ip ospf database 
            OSPF Router with ID (172.20.0.1) (Process ID 1)

                Router Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
172.20.0.1      172.20.0.1      47          0x80000006 0x00af05 2
172.21.0.1      172.21.0.1      52          0x80000004 0x004204 1
172.18.0.1      172.18.0.1      48          0x80000004 0x004b05 1
172.19.0.1      172.19.0.1      47          0x80000006 0x008f2b 2

                Net Link States (Area 0)
Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
172.19.0.2      172.20.0.1      47          0x80000002 0x004898
172.20.0.2      172.21.0.1      52          0x80000002 0x009b3a
172.18.0.2      172.19.0.1      47          0x80000002 0x00677e

                Summary Net Link States (Area 0)
Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
172.21.0.0      172.21.0.1      48          0x80000002 0x000fc9

                Type-5 AS External Link States
Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Tag
172.17.0.0      172.18.0.1      91          0x80000002 0x00b041 0
172.16.0.0      172.18.0.1      91          0x80000002 0x00bc36 0

黄色のマークより、LSAタイプ2であるネットワークLSAの要約情報を確認することができます。

LSAタイプ2を基に算出されたルートには、ルーティングテーブルで「O」でマークされます。

「O」は、エリア内のルートを意味しています。

次の「マルチエリアOSPF(ネットワークサマリーLSA)」では、LSAタイプ3について解説します。

関連コンテンツ