PPPoE(設定例2 その1)

 「PPPoE(設定例1 その1)」~「PPPoE(設定例1 その4)」のネットワークをさらに拡張してネットワークを構築していきます。

 ルーティングプロトコルには、BGPを使用します。BGP については、「BGPとは」で始まるコンテンツで紹介しています。こちらも参考にしてみて下さい。

※ネットワークの構成としては、NTT のフレッツ ADSL、B-Flet's 経由でISPに接続する構成を想定しています。

Router_A-Router_B間のPPPoE認証の設定

Router_A-Router_B間のPPPoE認証の設定は、次の通りです。

PPPoE認証     : chap
PPPoE認証ID    : client1
PPPoE認証パスワード: cisco

Router_Aの設定

●初期設定

Router(config)#hostname Router_A
Router_A(config)#enable password cisco
Router_A(config)#line vty 0 4
Router_A(config-line)#password cisco
Router_A(config-line)#login
Router_A(config-line)#exit

●PPPoEを有効にする

まず、PPPoEを有効にします。

※vpdnコマンドは、IOS12.3以前とIOS12.4では、異なります。ここで、紹介するvpdnコマンドは、IOS12.3以前