VRRP(その6)

※Packet Tracer 8.1.1 では、VRRP をサポートしていないため、ここでは、実機で検証した内容を紹介します。

ここでは、「VRRP(その3)」で設定したVRRPのインターフェーストラッキング機能を検証していきます。

引き続き、使用するネットワークは、下の構成になります。

Router_Bで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Bにおける「show vrrp」コマンドの出力結果


Router_B#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Backup
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 100
  Master Router is 192.168.1.2, priority is 200
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.609 sec (expires in 3.481 sec)

黄色の網掛け部分から、Router_Bは、Backupルータでプライオリティ値が「100」であることが分かります。

Router_Cで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Cにおける「show vrrp」コマンドの出力結果

Router_C#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Master
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 200
    Track object 1 state Up decrement 150
  Master Router is 192.168.1.2 (local), priority is 200
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.218 sec

黄色の網掛け部分から、Router_Cは、Masterルータでプライオリティ値が「200」であることが分かります。

 また、プリエンプト(preempt)が有効になっており、オブジェクトをトラッキングし、障害時には、プライオリティ値を「-150」にするということも確認できます。

インタフェーストラッキング機能の確認

Router_CのE0インタフェースにつながっているケーブルを抜きます。

Router_Bで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Bにおける「show vrrp」コマンドの出力結果

Router_B#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Master
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 100
  Master Router is 192.168.1.1 (local), priority is 100
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.609 sec

 黄色の網掛け部分から、Router_Bは、BackupルータからMasterルータに切り替わっていることが確認できます。

Router_Cで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Cにおける「show vrrp」コマンドの出力結果

Router_C#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Backup
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 50  (cfgd 200)
    Track object 1 state Down decrement 150
  Master Router is 192.168.1.1, priority is 100
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.218 sec (expires in 2.370 sec)

 黄色の網掛け部分から、Router_Cは、MasterルータからBackupルータに切り替わっていることが確認できます。また、水色のマーカーから、プライオリティが、「200」から、150減算され、「50」になっていることが確認できます。

つまり、

Router_Bのプライオリティ値 ・・・ 100
Router_Cのプライオリティ値 ・・・ 50

になり、Router_Bの方が、プライオリティ値が高くなったので、Masterに切り替わったと言うわけです。

 このように、インターフェーストラッキングを設定しておくことで、指定したインタフェースの障害を検知して、VRRPの切り替えを行うことができます。

関連コンテンツ