VRRP(その4)

※Packet Tracer 8.1.1 では、VRRP をサポートしていないため、ここでは、実機で検証した内容を紹介します。

ここでは、「VRRP(その3)」で設定したVRRPを検証していきます。

使用するネットワークは、下の構成になります。

Router_Bで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Bにおける「show vrrp」コマンドの出力結果

Router_B#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Backup
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 100
  Master Router is 192.168.1.2, priority is 200
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.609 sec (expires in 3.481 sec)

Router_Cで、「show vrrp」コマンドを実行します。

●Router_Cにおける「show vrrp」コマンドの出力結果

Router_C#show vrrp
FastEthernet0 - Group 1
  State is Master
  Virtual IP address is 192.168.1.254
  Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
  Advertisement interval is 1.000 sec
  Preemption enabled
  Priority is 200
    Track object 1 state Up decrement 150
  Master Router is 192.168.1.2 (local), priority is 200
  Master Advertisement interval is 1.000 sec
  Master Down interval is 3.218 sec

Rotuer_B、Router_Cの「show vrrp」コマンドの出力内容から以下のことが確認できます。

「Virtual MAC address is 0000.5e00.0101」から、

VRRPでは、仮想MACアドレスとして「00-00-5E-00-01-**」を使用していることが分かります。

「Advertisement interval is 1.000 sec」、「Master Advertisement interval is 1.000 sec」から

アドバタイズ間隔が、1秒であることが分かります。

「Master Down interval is 3.218 sec」から、

ダウンとみなすまでの時間が約3秒であることが分かります。

 Router_Bには、プライオリティの設定をしていません。それなのに、出力では、「Priority is 100」と表示されています。VRRPのデフォルトのプライオリティ値は、「100」であることが確認できます。

Router_Cで「debug ip packet」コマンドを実行します。

●Router_Cにおける「debug ip packet」コマンドの出力結果