このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」から演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfeeインターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

EIGRPの設定例1

 下図のネットワークを EIGRP で構築します。設定の仕方は、IGRP の設定とほとんど同じです。EIGRP の設定を行うには、グローバルコンフィグレーションモードで「router eigrp {AS番号}」をしています。

 ASとは、「Autonomous System」の略で、「自律システム」と呼ばれています。1つの組織などで管理されるネットワークの集合を指します。自律システム内で、経路情報を共有します。

 EIGRPの設定では、このAS 番号(自律システム番号)を指定します。IGRP でも同様にAS 番号を指定します。同じAS番号を使っているルータ間だけで経路情報が共有されます。

EIGRPを設定するコマンド

Router(config)#router eigrp {AS番号}
Router(config-router)#network {ネットワーク番号}

AS番号: 1~65,535

 ネットワーク番号は、IGRP と同様、クラスフルで指定します。サブネットマスクは、必要ありません。

 注意点は、EIGRP では、回線の帯域幅をメトリックとして使いますので、「bandwidth」コマンドで帯域幅を設定するのを忘れないように