このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

EIGRP(debugコマンド)

EIGRPの設定例1」で構築した下図のネットワークを「debug」コマンドを使って検証していきます。

debug ip eigrp

 EIGRP のデバッグ情報を表示するには、「debug ip eigrp」コマンドを使います。リアルタイムにEIGRPパケットの送受信されるさまを確認できます。

 残念ながら、Packet Tracer では、「debug ip eigrp」コマンドが、サポートされていないため、実機での検証結果を紹介します。

以下は、実機で検証に用いたネットワーク構成図です。

 

●「debug ip eigrp」の出力

Router_A#debug ip eigrp
IP-EIGRP Route Events debugging is on

 「debug ip eigrp」コマンドを入力して、待てど!待てど!一向に何か表示される気配がありません。IGRPは、定期的にルーティングアップデートを送受信していましたが、EIGRPでは、IGRPのようなに90秒ごとの定期的には、更新されません。トポロジに変更がない場合は、何も出力されません。

R2ルータの S0/0/0 につながるケーブルを抜き差しします。

そうすると、デバック情報が表示されます。

IP-EIGRP: Processing incoming QUERY packet
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 M 4294967295 - 0 4294967295 SM 4294967295 - 0 4294967295
IP-EIGRP: 172.18.0.0/16, - do advertise out Serial0
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 metric 4294967295 - 1657856 4294967295
IP-EIGRP: 172.18.0.0/16, - do advertise out Serial0
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 metric 4294967295 - 1657856 4294967295
IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 M 4294967295 - 0 4294967295 SM 4294967295 - 0 4294967295
IP-EIGRP: Processing incoming UPDATE packet
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 M 2195456 - 1657856 537600 SM 281600 - 256000 25600
IP-EIGRP: Int 172.18.0.0/16 metric 2195456 - 1657856 537600

debug eigrp packet

 「debug ip eigrp」コマンドを使うと EIGRP のパケットが送受信されいるさまが確認できます。アップデート、Hello、クエリ、応答などが表示されます。

●「debug eigrp packet」の出力

R1#debug eigrp packets 
EIGRP Packets debugging is on
    (UPDATE, REQUEST, QUERY, REPLY, HELLO, ACK )
R1#
EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Received HELLO on Serial0/0/0 nbr 172.17.0.2
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0

EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Received HELLO on Serial0/0/0 nbr 172.17.0.2
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0

EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Received HELLO on Serial0/0/0 nbr 172.17.0.2
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0

EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Received HELLO on Serial0/0/0 nbr 172.17.0.2
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0

EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Received HELLO on Serial0/0/0 nbr 172.17.0.2
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0

EIGRP: Sending HELLO on Serial0/0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

EIGRP: Sending HELLO on GigabitEthernet0/0
  AS 1, Flags 0x0, Seq 19/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0

●「undebug all」コマンドの実行

 コマンドの入力中にデバックメッセージが、次々に表示されていきますが、「undebug all」と入力します。

次の「EIGRP(ハロー間隔・ホールドタイム)」では、EIGRP のハロー間隔とホールドタイムを紹介します。

関連コンテンツ