BGPの応用設定(その1)

※Packet Tracer では、iBGPをサポートしていないため、BGPのごく一部の機能しか試すことができません。細かな機能の検証については、実機が必要です。ここでは、実機で検証した内容を紹介しています。

 検証に用いたルータは、Cisco2500シリーズのルータです。Cisco2500ルータは、中古で安く入手できるコストパフォーマンスに優れたルータです。

 「BGPの基本設定」、「BGPの基本設定(ベストパスの確認)」では、BGPの基本設定について解説しました。ここでは、BGPが奥が深いことを体験するために一歩踏み込んだ演習を行いきます。

ここでは、BGPを使って下図のネットワークを構築します。

BGPの設定は、様々な属性を与えて経路選択を操作することができるため、少々設定が複雑です。

今回のBGPの基本設定では、以下のことを行います。

・AS100内の「10.10.10.0/24」のルートをAS200に通知する。

 AS100内では、AS200へはデフォルトルート「0.0.0.0」を使って到達するようにします。これは、BGPの設定を簡略化するためです。今回、AS100では、AS200内のルートを扱いません。

BGPの設定の流れの復習

BGPの設定の流れを復習しておきます。BGPの設定の流れは、以下のような流れとなります。

1.BGPプロセスを有効にする。

 BGPでは、ピアを複数張ることができますが、1台のBGPルータで有効化できるBGPプロセスは1つだけとなります。そこで、プロセス番号ではなく、AS番号を指定します。

Router(config)#rotuer bgp {as-number}

※as-number:AS番号を 1 ~ 65535 の範囲で指定

2.ピアを確立する近接ルータを指定する。

IGPのように自動でネイバーの登録は、行われません。管理者がネイバーの登録を行います。

Router(config-router)#neighbor {ピアを張るルータのIP} remote-as {as-number}

3.通知する経路を指定する。

Router(config-router)#network {ネットワークIP} mask {サブネットマスク}

BGP同期の設定

 BGPでは、『たとえBGPで経路情報を学習してもIGPで学習するまでは、その経路情報を有効にしない。』というBGP同期という機能があります。

 このBGP同期の機能は、IOS12.2(8)以前のバージョンでは、デフォルトで有効になっています。ここでは、この機能を無効にしておきます