URLフィルタリング(その1)

 URLフィルタリングを使用すると、URLリストに含まれている情報に基づいて、Webサイトへのアクセスを許可/拒否の制御を行うことができます。

ここでは、URLフィルタリングの説明と設定を行ってゆきます。

※URLフィルタリングは、IOSが対応していなければ、設定することはできません。

URLリストには、以下のものが使用できます。

  • ローカルURLリスト
  • URLフィルタサーバ上のURLリスト
  • ローカルURLリストとURLフィルタサーバのURLの組み合わせ

ここでは、ローカルURLリストを使用し、Webサイトへのアクセスを許可/拒否の制御を行っていきます。

使用するネットワーク構成は、以下の図の構成を使用します。

※ブロードバンドルータには、IPマスカレードの設定をしておきます。

PC_Aの設定

PC_AのIPアドレスの設定を以下のように設定します。

IPアドレス       ・・・ 192.168.2.2/24
デフォルトゲートウェイ ・・・ 192.168.2.1/24

ブロードバンドルータの設定

 まずは、DNSフォワード機能を有効にします。この機能を有効にすることで、ISPのDNSサーバを指定しなくともブロードバンドルータをDNSサーバの代わりとして使用できるようになります。

DNSフォワード機能とは、DNSサーバへの問い合わせをリレーする機能のことです。

次に、「192.168.2.0/24」のスタティックルートを追加します。

ブロードバンドルータの多くは、スタティックルートの設定が行えるようになっていますので、この機能を使用します。

これで、PC_Aとブロードバンドルータの設定は完了です。

Router_Aの設定は、次の「URLフィルタリング(その2)」で行います。

関連コンテンツ