PPPoEとは

 PPPoE(PPP over Ethernet)は、PPP の機能をEthernetを通して利用するために開発されたプロトコルで、RFC 2516として標準化されています。

 PPP は、電話回線やISDN回線などのダイヤルアップ接続で、利用者をユーザー名、パスワードのチェックを行なうことができます。
 
 PPPoE は、PPPとは異なり、NIC が持つMACアドレスによって双方のコンピュータを識別し、その間に仮想回線を確立します。

 そして、その仮想回線上でPPPパケットをやりとりをして、ユーザ名やパスワードをチェックを行うことができるようになっています。

 PPPoEを利用すると、LAN(イーサネット)上からでも、ダイヤルアップ接続(PPP接続)のように、ユーザ認証やIPアドレスの割り当てなどが可能になることから、ADSL や CATV、FTTH などの常時接続サービスにおいて、広く採用されています。

現在のブロードバンド時代を支えている重要な規格であると言えます。

PPPoE と PPP を使って複数のISPを選択する仕組みを図で示すと以下のようになります。

※PPPoEサーバと同じ場所に、認証(RADIUS)サーバを設置して、ユーザ認証を行う場合もあります。

 このようにPPPoEを使うことで、通信事業者側は、ユーザーを特定すること可能になり、利用者ごとに帯域幅を調整したり、利用者ごとにセキュリティのチェックが可能になります。

 PPPoE は、当初、通信事業者側からPPPoEソフトウェアとして提供されていまし