Simulation モード(MACアドレステーブル)その2

Simulation モード(MACアドレステーブル)その1」の続きです。

 ここでは、ディレクテッド・ブロードキャストのパケットの動作をトレースしながら、スイッチがデバイスのMACアドレスを学習していく様子を確認していきます。

●リアルタイム・モードに切り替えます。

・「Realtime」ボタンをクリックします。

●「Power Cycle Devices」ボタンをクリックします。

ロジカル・ワークスペース上に配置してある、すべてのデバイスが再起動します。

●シミュレーション・モードに切り替えます。

・PC1から、ディレクテッド・ブロードキャストのpingを実行します。

C:¥>ping 192.168.1.255

ARPとICMPのパケットが表示されます。

・封筒をクリックします。
 ※封筒の色は、異なるかもしれません。

宛先IPアドレスが、「255.255.255.255」でMessage Type8であることから、ICMP Echo要求のパケットであることが分かります。

・「Play Controls」の「▶|」ボタンをクリックします。

時間が1ステップ進みます。

・①と②をクリックします。
 ※封筒の色は、異なるかもしれません。

①は、宛先IPアドレスが、「192.168.1.255」のディレクテッド・ブロードキャストです。Message Type8であることから、ICMP Echo要求のパケットであることが分かります。宛先IPアドレスが、「192.168.1.255」のディレクテッド・ブロードキャストであるため、「192.168.1.0」ネットワークの全ての端末へ、ICMP Echo要求のパケットを送ることになります。そこで、すべての端末のMACアドレスを調べるためにARP要求を送信することになります。

②は、ARP要求のパケットです。宛先MACアドレスが、FFFF.FFFF.FFFFのブロードキャストとなっています。FastEthernet0/1~FastEthernet0/5へのブロードキャストで、「192.168.1.1」へARP要求パケットを送信する準備を行っています。

ここで、時間を1ステップ進める前にSwichのMACアドレステーブルを表示します。

Switch#show mac-address-table 
          Mac Address Table
-------------------------------------------

Vlan    Mac Address       Type        Ports
----    -----------       --------    -----

   1    0001.c9d1.8982    DYNAMIC     Fa0/1
インターフェイスMACアドレス
f0/10001.c9d1.8982
f0/2
f0/3
f0/4
f0/5

 このタイミングでスイッチは、f0/1に「0001.c9d1.8982」のデバイスが繋がっていることを学習しています。このMACアドレスは、PC1のMACアドレスです。スイッチは、ARP要求の送信元MACアドレスを見て、f01 に PC1 が繋がっていることを学習します。

●時間を1ステップ進めます。

・「Play Controls」の「▶|」ボタンをクリックします。

 宛先MACアドレスが、FFFF.FFFF.FFFFのブロードキャストのARP要求がPC1~PC5のすべてに届きます。

この後、ARPとICMPの通信が、しばらく続きます。

●リアルタイム・モードに切り替えます。

・「Realtime」ボタンをクリックします。

 「192.168.1.0」ネットワークへのブロードキャスト通信が完了することで、スイッチは、すべてのデバイスのMACアドレスを学習します。

SwichのMACアドレステーブルを表示します。

Switch#show mac-address-table 
          Mac Address Table
-------------------------------------------

Vlan    Mac Address       Type        Ports
----    -----------       --------    -----

   1    0001.c9d1.8982    DYNAMIC     Fa0/1
Switch#show mac-address-table 
          Mac Address Table
-------------------------------------------

Vlan    Mac Address       Type        Ports
----    -----------       --------    -----

   1    0001.c750.b0cb    DYNAMIC     Fa0/3
   1    0001.c9d1.8982    DYNAMIC     Fa0/1
   1    0002.165c.1221    DYNAMIC     Fa0/4
   1    0002.16d8.07c5    DYNAMIC     Fa0/5
   1    00e0.f7e5.d7ce    DYNAMIC     Fa0/2
インターフェイスMACアドレス
f0/10001.c9d1.8982
f0/200e0.f7e5.d7ce
f0/30001.c750.b0cb
f0/40002.165c.1221
f0/50002.16d8.07c5

 PC1によるディレクテッド・ブロードキャストで、スイッチがすべての端末のMACアドレスを学習していることが確認できました。

関連コンテンツ

Simulation モード(MACアドレステーブル)その1
Simulation モード(MACアドレステーブル)その2

YouTube解説