URLフィルタリング(その5)

URLフィルタリング(その4)」の続きです。

引き続き、Router_A上にURLフィルタリングの設定を行っていきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。

※ブロードバンドルータには、IPマスカレードの設定をしておきます。

 「URLフィルタリング」をクリックして、「グローバル設定の編集」ボタンをクリックします。

「グローバル設定」が表示されます。

「許可モード」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

上メニューの「設定」をクリックして、「ファイアウォールとACL」をクリックします。

「アクション」ボタンをクリックして「追加」をクリックします。

「ポリシー名」が表示されます。

「URL_FILTER」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

「アプリケーションセキュリティ」が表示されます。

「URLフィルタ」をクリックします。

「URLフィルタリングの有効化」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

※URLの追加は、ここからでも行うことができます。

「OK」ボタンをクリックします。

 URLフィルタリングの定義は、これで完了です。次に、URLフィルタリングの定義とインターフェイスと関連付けを行う必要があります。

 URLフィルタリングの定義とインターフェイスと関連付けの設定は、次の「URLフィルタリング(その6)」で行っていきます。

関連コンテンツ